アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うさぎドロップ #3 われわれの世界ではご褒美です

今回はりんちゃんの養育のために、大吉が自らを犠牲にする話・・・でいいのか?

りんちゃんと一緒に過ごす時間を増やすために、
平日は仕事量を抑え、休みの日は母親探しを行う・・・。

1話を見た時は大吉は冴えない中年にしか見えなかったので、
ダメダメな中年親父がどう子供を育てていくのかが
見所のアニメなのかと思いましたが
どうやらそういうタイプのアニメではないようで。

大吉の頑張りとりんちゃんの可愛さを見て心を暖かくするアニメと言えましょう。

さて、りんちゃん視点に目を移すと、
今回もりんちゃんは相変わらず可愛かったですね。
特にツインテール姿はマジ天使。
あとはやっぱりオネショネタ、でしょうか。

オネショして恥じらう姿・・・たまらんねもう。

おそらくこれは子育ての大変さを表す描写なのでしょうが、

われわれの世界ではご褒美です。

この一言に尽きるね、うん。

アイドルマスター #2 一見さんお断り

あのさぁ・・・。
言っていい?
全然面白くないんだけど。

女キャラ同士の掛け合いだけでほとんど話が進んで、
あげく勝手に悩んで勝手に自己解決しましたって何だよそれ。

この手のアニメって普通主人公の男キャラをもっとプッシュするもんでしょ?
何あの空気みたいな立ち位置。

かといってB級感溢れるネタ性があるかと言えば、そうでもない。
作画のクオリティを見ても分かる通り、作り込みはしっかりしています。
これでは見所に欠けると言われても仕方ないでしょう。

そういうわけで、
次回からのジュピター投入を強く希望します。

今回の謎の顔見せは次回へ向けた布石と信じています。

うさぎドロップ #2 子育てって、大変!

今回はりんとの共同生活開始にあたる大吉の苦闘を描いた話。

保育園への送り迎え、衣服類の調達、食事の用意など。。。
当たり前だけど、引き取ったからには、
自分で責任を持って育てなければならない。
自分のことだけ考えれればよい一人暮らしの生活と比べ、
自分の時間・楽しみといったことは我慢しなければなりません。

衣服に臭いがつかないように、家での一服を我慢したりと、
大吉の頑張りを見ると泣けてきます。

小さい女の子との同居生活といえば、
どうしてもはじめての○○シリーズや○姉妹シリーズのような
イチャイチャ、キャッキャッウフフな生活を想像しがちですが
現実は厳しいということですね。

りんがオネショしてしまったシーンは、
パンツを確認しださないか心配でしたが
シーツを干すという常識的な対応だったので安心しました。

うさぎドロップ #1 安心のノイタミナ枠

短めの番宣を見て、主人公(大吉)が小さい女の娘(りん)と同居する話ということだったので、
同居生活のなかで、りんたんとあんなことやこんなことをする話だと思っていたのですが、
どうやらそれは全然違うようで。
ノイタミナ枠にそんなアニメを期待する方が馬鹿でしたね、ええ。

生活力もなさそうなのに、どう見ても行き当たりばったりで引き取ったとしか思えない
主人公が少々心配ではありますが、
りんは中々しっかりしている娘のようなので、まあ何とかやっていくんでしょうね。

今回、おにぎりを握ったりするシーンがありましたが、
ボクの○○も握ってくださいなんて考えても、まずその展開にはなりませんので、
妄想するのはやめましょう。

アイドルマスター #1 何なん?君ら本当に何なん?

夏アニメ感想第2弾、アイドルマスターです。

とりあえず第1話としては、全然面白くなかったです。
AV撮影チックなインタビュー方式。これは明らかに失敗でしょう。
視聴者に全員のキャラクターを覚えてもらいたいという意図は分かりましたけど、見せ方が最悪。
テレビに向かって延々と喋られてもお寒いだけだし、大体無音時間が長すぎです。

それにキャラクターにも魅力がない。
あれだけ沢山のキャラがいるのに、まともなのは伊織くらいのもの。
どのキャラもアイドルになろうと思った理由がおかしくて全く共感できません。

引っ込み思案を直したい、新しい自分を探したいという雪歩。
まず致命的にアイドルに向いていないと思われるので、論外です。

アイドルとして頑張って、誰かに見つけてもらいたいというあずさ。
アイドル活動を、婚活か何かと勘違いなされてませんか?

ひたすら歌うことにのみ拘る千早。
アイドルではなく、歌手を目指すべきだったのではないでしょうか。

アイドルになろうと思った理由を話そうとしない響。
君は、トップシークレット言いたいだけちゃうんかと。

他にも、ぷりぷりとかフリフリとかチョーさんばりの擬音語で表現する真。
家計を助けるためにアイドルになるという、貧乏ぶりが半端ないやよい。
など、ツッコミ所多すぎです。

その点、有名になって周りに自慢したいという伊織の野望は可愛げがあって良いですね。
彼女は1期でも素晴らしいツンデレを見せてくれましたので、
2期となる今作も、彼女にかかる期待は大きいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。