アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

右四間飛車対策 その3

migisi10.jpg

今回は互いに玉を囲って持久戦調になった場合の指し方を考える。


この辺りは、変化の手順も多いので、実戦でそのままの手順で進むことは少ないだろうが、
知らないと指せない手筋などもあり、勉強になる部分は多い。

今回は基本図から

△6二飛 ▲2六歩 △3二金 ▲2五歩 △3三角 ▲5八金

△4一玉 ▲6七金右 △4二銀 ▲6九玉 △3一玉 ▲7九玉
△5二金 ▲3六歩 △7四歩 ▲4六銀 △6五歩

の進行を考え、これをテーマ図とする。

これを▲同 歩 と取ってしまうと

以下、△8八角成 ▲同 玉 △6五銀 ▲6六歩 △同 銀
▲同 金 △3九角

migisi11.jpg


と進み、先手が不利になる。角交換後の△3九角の筋は常に要注意である。

テーマ図より、▲5七銀上 △6六歩 △7三桂と後手も桂馬の活用を図ってくるが、

ここで▲6五歩と取るのが味が良い一手。

migisi12.jpg

△同銀には▲5五歩で受け切っている。

△7三桂のところで、△6六歩と取り込んできても、
▲同銀 △6五歩 ▲5五銀左で大丈夫である。

△8八角成 ▲同 玉 △3三角と角交換後、再度角を打ってきても

▲9八玉とかわしておいて十分となる。

migisi13.jpg

△6五銀 ▲6六歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 角
▲同 金 △同 飛の強襲は▲6七銀でダメなので

△9四歩と端を詰める手が自然だが、 これには▲3七角が好手。

migisi14.jpg

△9五歩には▲5五歩が間に合う。

△6五銀には

以下、▲6六歩 △5四銀▲5五歩 △6三銀 ▲4五銀と進め

migisi15.jpg

明らかに先手優勢となる。

佐藤本の変化を中心に、3回に渡って右四間対策を見てきたがどうだっただろうか。
興味があったら佐藤本を是非一読して欲しいと思う。
また、他にも右四間対策を検討している方がいらっしゃるので
右四間にお悩みの方はそういったサイト様も参考にしてみてください。

参考にさせて頂いたサイト様、又は文献
佐藤康光の居飛車の手筋2 P215~P268
居飛車党宣言! ttp://www.koichi.jp/shogi/
スポンサーサイト
[ 2009/06/28 13:46 ] [将棋]奇襲対策 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。