アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

右四間飛車対策 その2

migisi6.jpg

今回は基本図から後手が△6二飛と力をためてきた場合を考える。


ここは▲2六歩と飛車先を伸ばすのが、2筋からの反撃を含みにして自然な一着だろう。
そこで後手が△6五歩と突っかけてきたらどうするのか?それを今回のテーマ図とする。

ここもやはり▲6七銀と上がるのが正着で、

△6六歩 ▲同 角 △同 角 ▲同銀直 △6五銀には

▲同 銀 △同 飛 ▲7七桂 △6二飛 ▲6四歩(・・・変化図1)

migisi7.jpg

取れば▲5五角なので、後手は歩を払うことができない。すでに先手優勢である。

△6六歩 ▲同 角 △6五銀の変化手順には

▲2二角成 △同 銀 ▲7七桂(・・・変化図2)と応接して先手十分

migisi8.jpg

ここで、△6六歩と攻め合って来ても

▲6五桂 △6七歩成 ▲5三桂成 △5七と ▲6三歩 △同 飛
▲同成桂 △5八歩 ▲同 金 △3九角 ▲5三銀 と進み

migisi9.jpg

先手玉に詰みはないが、後手玉は収拾困難な状態。
はっきり先手の勝ちである。

よって▲7七桂には△5四銀と引くよりなく、
こうなれば先手にとって不満はないと言えるだろう。

以下、佐藤本の進行の一例。

変化図1より

△5二金左 ▲6八飛 △5四角 ▲6三銀 △同 金 ▲同歩成
△同 角 ▲6五桂・・・先手優勢

変化図2より

△5四銀 ▲6六銀直 △7二金 ▲6四歩 △同 飛 ▲8六角
△6三飛 ▲5五歩 △4五銀 ▲6五銀 △3五歩 ▲4六歩
△3四銀 ▲5四歩 △同 歩 ▲同 銀 △6一飛 ▲6五桂・・・先手優勢

佐藤本(居飛車の手筋2)は終盤まで踏み込んだ変化も多く、
指し方、構想といった部分でも参考になる所が多いです。
スポンサーサイト
[ 2009/06/21 09:39 ] [将棋]奇襲対策 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。