アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

右四間飛車対策 その1

migisi0.jpg

(;´Д`)また右四間か・・・

遭遇確率高すぎです


将棋の更新は久しぶりですね。
今回はアマで人気の右四間対策を、
書籍と私なりの見解を交えて解説していきたいと思います。


初手より

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲5六歩 △6四歩 ▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀
▲5七銀右

migisi1.jpg

先手の矢倉指向に対し、後手右四間の出だし。これを基本図とする。
ポイントは△6四歩に対する▲7八金で、▲4八銀などと指そうものなら・・・

migisi2.jpg

すかさず△6五歩とされ、これは先手早くも困っている。
このように右四間に対しては序盤から細心の注意が必要なのである。

また、△5四銀に対する▲5七銀右も慎重な一手で、右金の動きをなるべく保留することで、
序盤早々に角交換となった際の△3九角の筋を緩和しているのである。

基本図からは色々な応手が考えられるが、
今回は△6五歩といきなり突っかけてきた場合を考える。

この場合は、▲6七銀と銀を立つのが定跡で、△6六歩と取り込んできても

migisi3.jpg

▲同銀直 △6五歩 ▲7七銀と進み先手がやや指し易くなる。

△6五歩に▲同 歩と素直に取るのは

migisi4.jpg

△8八角成 ▲同 金 △6五銀と進み、後手の術中にハマるので注意が必要だ。

そこで、▲6七銀に対し、攻めを続けるなら△6六歩 ▲同歩 △6ニ飛くらいだろうが、

migisi5.jpg

このように▲5五歩と角道を遮断すれば、後手に二の矢はない。

桂馬の参加しない攻めなので迫力がなく、
そもそも後手の居玉右四間急戦は無理筋なのである。

参考として、佐藤本の進行の一例。基本図より

△6五歩 ▲6七銀 △6六歩 ▲同銀直 △4二玉 ▲7七角
△6六歩 ▲同銀直 △6二飛 ▲5五歩 △6三銀 ▲5六銀
△7四歩 ▲2六歩 △3二銀 ▲2五歩 △7三桂 ▲6八角
△3一玉 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 角 △2三歩 ▲4六角
△6五歩 ▲5七銀 △6四銀 ▲7七桂 △5二金右 ▲3六歩
△1四歩 ▲3七桂 △6三金 ▲6六歩 △5四歩 ▲6五桂
△同 銀 ▲同 歩 △5五歩 ▲同 角 △同 角 ▲同 銀
△6五桂 ▲4六銀上 △5四桂 ▲6四歩 △4六桂 ▲同 銀
△5二飛 ▲5八歩 △6四金 ▲7三角 △6三歩 ▲6六歩
△5六角 ▲6五歩 △同 金 ▲6七銀 △4七角成 ▲3九桂
△3六馬 ▲4五銀 △3五馬 ▲4七桂 △2四馬 ▲9一角成
△6四歩 ▲2四飛 △同 歩 ▲7七桂・・・先手優勢

実戦ではこうも上手くはいかないだろうが
▲7七桂~▲6六歩と先手から逆に6筋を逆襲するといった
意表の指し回しなど、関心させられる部分は大いにある。
佐藤九段らしい豪快な手順である。
皆さんも一度盤に並べて、先手の巧妙な指し回しを味わってみてください。
私にはとても真似は出来ないが・・・

右四間対策編は今後も数回に渡って検討する予定ですので、
次回もまたよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2009/06/20 23:38 ] [将棋]奇襲対策 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。