アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

fripSide LIVE TOUR 2014-2015 FINAL@横浜アリーナに行ってきました

3/1(日)、fripSideのライブ公演に行ってきました。

fripSideのライブは今回が初参戦です。

まず、fripSideについて簡単にご紹介しますと、
ボーカルの南條愛乃さんとキーボードの八木沼さんとの二人組ユニットで、
作曲を手掛ける八木沼さんの音楽性から、テクノポップ調の音楽に特色があります。
南條愛乃さんに関しては、説明不要とも思いますが、
本職は声優で、ライライブの「絢瀬絵里」など数多くの有名キャラを担当しています。

fripSideと言えば、アニメファン的には超電磁砲(レールガン)の印象が強く、
「only my railgun」「sister's noise」などの有名曲があります。

しかし、それはあくまでfripSideの一面にしか過ぎません。
私個人からすると、fripSideと言えば、やはり『エロゲ歌手』なのです。
エロゲにも「last fortune」「HesitationSnow」「Sword Of Virgin」など、数多くの名曲を送り出しており、
今回のライブでは、エロゲ曲が公の場で聴けるということに関するワクワクも大きかったです。

ライブは17時30分から始まり、終了が21時30分。
4時間と言う超長丁場で、曲数も全32曲と、すごくボリューミーなライブとなりました。

客層は若い人が中心で、ライライブのグッズを身に着けた人なども見受けられ、
比較的ファンになってから日が浅そうな、ライトな人が多いのかなという印象がありました。

また、ペンライトによって、アリーナがオレンジ一色に染まる光景は美しいものがありましたね。
これまで参加したMay'n部長のライブと比較しても、ペンライトの使用率が圧倒的に高いなと感じました。
とにかく激しくペンライトを振って、曲にノッて一体感を楽しむ。
そんな感じのライブでした。
ただし、リズムの取り方などはシンプルで、演者の方からジャンプの掛け声を掛けてくれたり、
初参戦の人にとっても溶け込みやすい雰囲気があり、
私自身、初参戦ということを忘れてしまうほど、周りの方と一体感を感じて楽しむことが出来ました。

やはり、アーティストごとに色が違うのだなぁと実感しましたね。
どちらが良い悪いといったことではなく、この辺は文化の違いなのでしょうね。

また、MCに関して言えば、八木沼さんのフォローがうまいというか、
話の持っていき方が上手なのが印象的でした。
すべってもそれを笑いに変える力があって、南條さんをうまく助けていたと思います。
南條さんも困ったら周りに振っている感じがあったし、この辺性格出ますよねやっぱり。
May'n部長なんかは、喋りたいことは全部自分で喋るって人だけど、
色んなライブに参加することでこういう違いも分かって面白いなと思いました。

セットリストに関しては、やはり美少女ゲームをプレイする私としては、
「last fortune」「HesitationSnow」を生で聴けたというのが一番嬉しかったです。
前任のボーカルnaoさんの楽曲の「Red-reduction division-」なども、
ここで来るか!という感じで、意外でびっくりしましたね。
「Red-reduction division-」になれば赤一色に、「HesitationSnow」になれば白一色に
会場が染まる光景は圧巻で、この辺は統率されてるなぁと感じました。

またライブの中盤には、サプライズゲストとして、ALTIMAの登場もありました。
八木沼さん繋がりと思いますが、fripSideのライブでは、
ALTIMAの楽曲も抑えておいたほうがいいかもしれませんね。
今回は知らなくて、緑のペンライトを振ったりと、痛恨のミスを犯してしまいました(笑)

もっともっと語りたいこともあるんですけど、
駄文が長くなりすぎるのもあれなんで今回はこの辺で。
また、参加してみたいと思えるライブでした。
スポンサーサイト
[ 2015/03/04 04:53 ] [その他]ライ部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。