アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新・ロロナのアトリエ 淡々とプレイし、淡々とクリアするゲーム

DSCF0277.jpg

PS VITA版 新・ロロナのアトリエをクリアしましたので、感想を書きます。

今更説明不要と思いますが、ロロナのアトリエは、アーランド三部作シリーズの第1作目にして、
後に続く名作トトリのアトリエ、メルルのアトリエの礎となった作品です。

今回の新・ロロナのアトリエは、ロロナのアトリエからの追加要素として、
延長戦と題し、従来のプレイ期間3年をプレイした後に、
最後の1年間、師匠であるロロナを探して、トトリとメルルが未来からやってきたという設定で、
トトリと、メルルと一緒に旅をすることができる要素が加わっています。

私自身は、延長戦は未プレイですので、
あくまで通常クリアまでの3年間という観点で、感想を述べたいと思います。

まず、第一に言えることが非常に難易度が簡単であるということ。

バトルに関して言えば、金策によって、武器や防具を揃える必要もなく、
あらかじめ錬金しておいた爆弾系のアイテムを使用するだけで簡単に敵を一掃することが出来ます。
そもそも、敵から受けるダメージは微々たるものなので、単純に殴り合っても負ける要素がありません。

また、3か月に一度王国依頼と称し、
特定のアイテムを錬金し、王国に納品するミッションがあるのですが、
これもクリアに向けたノルマは本当に易しく、困難な要素などは全くの皆無。

本作のストーリー上、王国依頼を達成出来なければ、
アトリエを潰して工業地帯に建て替えてしまうぞと大臣は躍起になっているのですが、
こんな易しいノルマで本当にいいのかと。
大臣以外は皆こぞってロロナの味方で、人間関係という面でも障壁が全く無いですし、
もっと殺伐としているべきだろとすら思ってしまうところがあります。

次に、元々本作が(アーランド)シリーズの第一作目ということもあってか、
トトリのアトリエ、メルルのアトリエと比べるとイベントの数も少なく、その辺りにも少し寂しさを感じます。
トロフィー収集のためのやり込み要素(各キャラED回収、強ボス撃破等)を除くと、
淡々とプレイし、淡々とクリアするゲームとなってしまっています。
(その割にやりこもうとすると、急激に難易度が上がるのでタチが悪い。)

メインとなる調合システムも、メルルのアトリエのものを継承し、
従来のものと比べ、改良されてはいるとはいえ、アイテム数も少なくやはり物足りない。
そもそも特に考えて調合しなくても、普通にプレイするうえでは苦戦するような場面も無いので、
調合への意欲が沸いてこないというところがあります。

戦闘、調合の楽しみが薄い分、よりキャラゲーとしての色合いが濃い印象が強く、
RPGとしては全体的にバランスが悪くイマイチ。総括するとそんな感じのゲームです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。