アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルートダブル 体験版だけやればいい

ルートダブル

Aルートをクリアしてから長らく放置していた
ルートダブルを完全クリア(エンディングコンプ)しましたので、感想を書きます。

まず、簡単にルートダブルがどんな話かを説明すると
「原子炉の事故により放射能に汚染された研究施設からの脱出」(wikiより抜粋)が
テーマの作品です。

一言で言うと、密室空間からの制限時間付きの脱出劇というか、そんな感じ。

この作品のポイントとして、複数主人公からなる物語というのがあって、
Aルートの主人公は、笠鷺渡瀬という消防隊員。
Aルートでは、主人公は消防隊員として、火災発生後の施設に侵入し、
施設に閉じ込められた民間人を探し出し、脱出への道を探すという展開になります。
Bルートの主人公は、天川夏彦という高校生。
Bルートでは、普通の(?)高校生であるはずの夏彦とその仲間が、
何故、災害発生時に研究施設にいて、施設内に閉じ込められてしまったのか。
(夏彦とその仲間はAルートでは、火災発生後の施設内に閉じ込められた民間人として登場します)
それに至る理由が、夏彦の視点で、事件直前の1週間を追っていくという形で語られます。

この全く異なる2つの話がつながって
その二人が主人公となるCルート、Dルートに繋がるという構成です。

このゲームの前評判が素晴らしく高かったのは、
体験版でプレイ可能なAルートの出来が非常に良かったからなんですね。

原子炉の爆発で、放射線量が徐々に増加し、被爆危機が迫る環境のなかで、
脱出への道を模索する主人公と仲間の消防隊員、民間人
放射線の被害抑止効果のあるアンプルの慢性的な不足
探索中に出くわすことになる不可解な殺人現場
主人公(笠鷺渡瀬)の記憶喪失と脳内に働きかけてくる謎の声
極限状態から次第に誰も信用できなり、やがて銃を手に取る仲間たち
そして、研究施設に隠されていた驚きの真実

まさに、息もつかせぬ怒涛の展開の連続で、
夢中で読み進めてしまう、そういう魅力のある内容でした。

しかし、実はルートダブルで一番盛り上がるのが、このAルートなんですね。
あとの展開は正直尻すぼみ。

何て言うか、ちょっとネタばらしになりますけど、
Bルート主人公の天川夏彦のテレパシー能力が物語の根幹になっていて、
後半はもうほとんどこの能力で問題を解決していくことになるんですね。

Aルート主人公の笠鷺渡瀬にはこの能力は無いですから、後半はただの空気と化します。
要するに複数主人公といいながらも、完全に夏彦の一人主人公状態。
これがまた自分の考えを押し付けるタイプの生意気なクソガキなものだから、
共感のしようもなく、不快感だけが募ります。

正直、ルートダブルはAルートだけやれば、それで十分じゃないかなと思います。
Aルート自体は、体験版でもプレイ可能ですから、結論的には以下の言葉に集約されそうです。

「ルートダブルは体験版だけやればいい」
スポンサーサイト
[ 2015/02/24 03:50 ] [ゲーム]PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。