アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロウきゅーぶ! なかなか完成度の高いゲームです

今更ながら、PSP ロウきゅーぶ!をクリアしましたので簡単にレビューしたいと思います。

シナリオは、8月末に開催されるバスケットボールの大会に向けて
プレイヤー自身が昴の立場となって、2か月間初等部の5人をコーチングして
大会で優勝を狙うというごくごくシンプルな内容です。

パートはおおまかに分けて、練習パートとADVの2種類があり、
練習パートが週3回の練習と週1回の紅白戦(昴含めた6人で3on3)
そして、その残りの日にADVが挟まってくるという感じです。

途中から対外試合なども入ってきますが、おおまかには
ひたすら練習パートとADVの繰り返しと言えるでしょう。

練習パートではドリブル、パス、シュート等の基礎能力のアップは勿論の事、
昴が特定の個人(またはグループ)の練習の指導を行う事が出来、
それにより特定のキャラとの友好を深めることができます。

このゲームはエンディングの数が非常に多く、各キャラ毎に2つ(ロリ、スポ)と
サブキャラのエンディング、また全員均等に友好を振り分けた場合に発生する
仲良し(ハーレム)エンディングといったものなどがあるのですが、
各キャラのエンデイングを目指す場合などに、友好度の調整が必要になってきます。

ちなみに各キャラのエンディング判定条件ともなっているロリ、スポについてですが、
これがこのゲームで非常に重要となる要素でして、
練習パートで存在するロリゲージ、スポゲージを貯めて、階級を上昇させることで
新しい練習メニューが追加され、より能力値をアップさせやすくなったり、
各キャラが実際に試合で使えるスキルを習得できるようになったりします。

しかし、このゲージは無尽蔵に貯めれば貯めるほどよいというわけではなく、
一定水準を越えたゲージを貯めてしまうと、即ゲームオーバになってしまうという罠があります。

ゲージの容量は紅白戦や対外試合で勝利することで増加するので、
それまではキャパシティを越えないように、ロリ、スポゲージが上昇しなくなる
特別指導などを用いながらゲージを貯めすぎないように注意して練習する必要があります。

そして、肝心の試合パートですが、内容としては、ボールを持ったキャラが
パス、ドリブル、シュート、フェイント、アイコンタクトの5つの中からコマンドを選択して、
試合終了までに相手チームより多くゴールを決めていたら勝ちという非常にシンプルな作りです。
各コマンドはキャラの能力であったり、敵のマークの有無などで成功率が変わり、
失敗してしまうと相手ボール(≒相手ゴール)になったりします。

試合パートは慣れるまでは難しく感じたりもしますが、
慣れてくると、アイコンタクトで味方をゴール下に移動させて
そのキャラにロングパス&ノーマークでシュートというただの作業になるので
回数をこなしてくるとお世辞にも楽しいものとは言えなくなってきます。

そんな感じで大体18時間ほど掛けて、ゲームを1周(クリア)しました。
エンディングはひたすら全員を同じメニューにして練習し続けたため、仲良しエンドになりました。
同じ練習を続けることで能力値のボーナスが増えることもあり、
まずはこのエンディングを目指したという経緯があります。

このゲームは1周が長い(普通にやっても7~8時間はかかる)ので、
周回プレイを行う気は今の所ありませんが、もし行うとしたら
もっかんもしくはひなたちゃんエンド狙いで頑張ってみたいと思います。

それでは今回は長くなってしまいましたがこの辺でレビューを終わります。
総評としては、アニメ原作のゲームとしては、なかなか完成度の高いゲームと言えると思います。
最初は試合に勝てず、ゲージの容量が増えない→ゲージ超過でゲームオーバーを繰り返したので
システムに慣れるまでは中々手を焼きました。
逆にシステムに慣れるとただの作業ゲーになってしまったという部分もありますが。
何にせよ原作絵を忠実に再現した各キャラの可愛さは折り紙つきなので
ロウきゅーぶ!ファンの方であれば手に取ってみても損はしないと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。