アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ROBOTICS;NOTES #6 殴ったね、親父にもぶたれたこと(以下略)

ROBOTICS;NOTES第6話、見ました。

今回はロボ部関係で大きな進展がありましたね。

海翔は相変わらず単独行動で君島コウに関する真相究明を進めていますが、
ロボ部は新たに加入した大徳さんの活躍でスポンサーの獲得に成功。
また、同時に加入したフラウによって、
昴のホビーロボットにギルバラのプログラムの組み込みも行われ、
そして、全て順風満帆かと思われたところで昴のあのオチと内容の濃い回でした。

大徳さんはあんなにロボットを嫌がってたのにあっさり部員に加入しましたが、
まさか友達を作りたいからっていう理由だけじゃないですよね?
いずれ語られるであろう大徳さんがロボットを嫌がっている理由
何であるのか気になるところです。

フラウは引き篭もりなので、ロボ部に加入したといっても
会話もポケコンを通じて行い、積極的に部に顔を出す気はない様子。
プログラマーとしての腕は確かなようですが、腐女子に2chにニコニコにと
属性を付け過ぎたせいでかなり気持ちの悪いキャラになっています(褒め言葉)

最後、昴が親父に殴られるシーンは、
親父の行動があまりにも前触れが無さ過ぎて爆笑してしまいました。
高校の部活動に家庭の事情を持ち込むのは大変迷惑なのでやめましょう。

『夢が終わっちゃたら、寂しい』今回のサブタイにもなっているあき穂のセリフですが、
てっきり海翔が調査を進めていくうちに、暗部にまで入り込みすぎて、
ロボット製作が進められなくなる事情が発生し、発せられるものと思っていました。
家庭の事情オチになるとは想定外でしたね。

何にせよ昴には早めに父親と和解して欲しいと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。