アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一球さん 第20話 進め一球

大友が帰還し、巨人学園の部員たちも安堵の表情を浮かべます。
気がつけば地区大会まであと2週間。練習にも力が入るというもの。
大友も以前より気合いが入っているようで
この騒動を機に少し精神的に成長したようです。

岩風監督からは大会のスタメン構想も発表されました。
「勿論、ピッチャーは大友や。キャッチャー司。ファースト佐藤。
セカンド堀田。サード蔵石。ショート吉沢。
レフト島本。センター林。そして、ライトは・・・一角志郎や。」

zyerita749.jpg

どうやら一球は補欠のようですね。
岩風、原島両監督の「一球はじっくりと育てていこう。」という方針からでしょうか。

午後からは大会の組み合わせ抽選があるとのことで
一球とマネージャーの文六が抽選会場に向かうことになりました。
とは言え巨人学園は甲子園でも活躍している強豪校。
シードですから抽選の必要はありません。

抽選会場では次々とシード校が発表されていきますが
なんと巨人学園はシードをはずれていました。
周りもそのことに驚いたようで自然と一球に視線が集まります。

zyerita750.jpg

目立ちすぎ・・・。

しかし、どうしてこんな事になったのでしょうか。

zyerita751.jpg

思い当たることと言えばこれしかありません。

と思ったら、抽選権はありました。
どうやら飲酒がバレて出場停止というわけではないようです。

抽選の結果、対戦相手が決まりました。
1回戦の対戦相手は・・・

都立勉強高校。

まあ正確には弁強高校なんですが。

ちなみに部員は全員メガネ。

zyerita752.jpg

がり勉=メガネ

典型的な偏見キタコレ。

岩風監督も巨人学園がシードをはずされたことにかなり疑問を感じていましたが
その時、理事長が岩風監督のもとに出向き、真相を話します。
理事長曰く理事長の判断でシードを取り下げたのだそうな。
ここで理事長の野球観が語られます。
「岩風監督よとにかく1戦でも余計に試合をした方が良かろうがの。
相手がどんなに弱いチームでも得る所はあるものやで。
労せずして3回戦から出場なんぞ贅沢の限りじゃ。
どんな高校でもチャンスは平等であるべきやぞ。

正しいような正しくないような・・・。

その後、一球は弁強高校の偵察に向かいます。
見たところ大根切りのバッティングフォームに
平凡なゴロのトンネル、フライのお見合いなど相当に弱そうな相手です。
普通にやれば負けることはなさそうですが・・・。

次回はいよいよ試合です。楽しみですね。

次回予告
「皆さん、一球入魂の真田一球です。
弁強学園との第1戦に我が巨人学園は2軍で望むことになったんです。
その上僕がピッチャーなんですよ~。大友さんたちレギュラーはどうしたのかって?
やっぱり野球は筋書きのないドラマなんです。」


ネタバレしすぎです。

zyerita753.jpg

見た感じだと食あたりか何かでしょうか。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。