アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一球さん 第14話 一球有情

今回は野球アニメというよりは暴力アニメです(笑)
そう言えば最近は高校の野球部の暴力事件などが、世間でも波紋を広げていましたね。
ある意味時代を先取りした(?)話と言えそうです。

とりあえず今回は重要なポイントだけまとめておきましょうか。

・新監督の座は?

理事長の選んだ新監督は岩風でした。
試合自体が引き分けに終わった(大友がいなくなったため急遽9回引き分けで終わった)
こともあり理事長はどちらでも選べる立場にあったわけですが、理事長は岩風を選びました。
おそらく理事長はもともと岩風に新監督をやってもらいたかったんでしょうね。

・原島監督の今後は?

岩風監督は原島監督にヘッドコーチになってくれないかと頼みます。
原島監督は自分に一球のことを任せてもらえるならヘッドコーチも考えようと答えます。
岩風監督は、原島監督がサードの一球を集中攻撃したのは
原島監督が一球に少しでも上手くなってもらおうと思ってやったことだと解釈していましたが
本当のところこれはどうなんでしょうね。
ただ試合に勝つためだけに一球を狙っていたとも考えられますし。
しかし、見たところ原島監督もなかなか有能な監督っぽいので
おそらく岩風監督の言っていることが答えなのでしょう。
この二人がタッグを組めばチームは安泰かな。

・大友の今後は?

大友は試合を途中で逃げ出したあげく自分のことを殴った原島監督を恨み
「原島が俺のことを不要だと言うのなら、いいだろう。俺は野球部を去ってやる。」
と捨てゼリフを吐いていました。
正直、カッコ悪すぎますね。
まあ大友らしいと言えば大友らしいんですが・・・。

・麗子さん争奪戦は?

結局、芦田財閥のパーティーには大友、一球とも参加しませんでしたが
麗子さん自体は大友から一球狙いに変わってきているので
現状、一球の方が有利と言えるでしょう。
てか、あんまり重要な話題でもなかったかな(笑)

今回は取り立てて面白演出もなかったのでキャプ無しです。
あと、15~18話については見逃してしまったので感想が書けそうにないっぽいです。
19話を見た感じだとこの間はほとんど大友がメインの話だったのかな。
とりあえずこの間に試合はしていなかったようなので少しはほっとしましたが
見逃してしまったことは残念に変わりないですね。
もし内容を知ってる方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいですー。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。