アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一球さん 第6話 一球豪打

第6話は内容については特に語ることがありません。
基本的には前回の予告の内容そのままです。
追加でその回にあと1点取って、巨人学園のコールド勝ちでこの試合は終わりました。
内容の内訳は一球のホームランで7対6となった後
ホームラン→四球→四球→四球→ヒット→3ベース
→内野安打→ホームラン→四球→2ベースです。
その結果、16対6のコールド勝ちで巨人学園の勝利となったわけです。
パワプロもびっくりの試合展開ですね。
普通この間に監督がピッチャーを変えると思うんですが
なんと監督に選手の交代権はなく
五味兄の一存で五味弟の続投が決定されたのです。


他にも
審判が判定を簡単に覆したり
おかしなバッティングフォームでホームランを打ったり
相変わらずツッコミ所が多いです。

実際に一角のホームランスイングを見てみましょう。

zyerita671.jpg

左足を全く上げずに上半身の力だけで打ってます。大根切りってやつですか。
とりあえず異常に一角のリストが強いということは分かりました。

あと、一球のビーンボールのよけ方。

zyerita672.jpg

多分、秋山選手でも出来ないと思います。

グラサン取るとかっこいい五味兄。

zyerita673.jpg

顔の造り自体が前回と違うような気がしますが気にしない。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。