アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

灼眼のシャナ 第10話 絡まる想い

今回のテーマは「男のプライド」と「女の嫉妬」かな。

悠二はシャナと吉田さんのどちらを取るのかと言われれば
おそらくシャナを取ると思うんですよ。
しかし、悠二にとって吉田さんや池のことも勿論同じくらい大事なわけで
吉田さんや池の頼みとあれば悠二も無下に断ることは出来ません。
これをシャナは悠二が自分より吉田さんを選んだと誤解してしまったのですね。
シャナが先約は私だったのにと言っていましたが、これはただの口実で
実際は吉田さんより自分を選んで欲しかったってところでしょう。
悠二の下した決断にどうしても納得がいかないシャナは
悠二に対して「悠二は弱いんだからトレーニングしなきゃ駄目。」
と言い放つわけですが、これが良くなかった。
結果的に悠二のプライドを傷つけてしまうことになりました。

zyerita455.jpg

こんな感じで二人はすれ違いを起こしてしまったわけですが
最終的には突如現れた燐子と戦っていたシャナのもとに
遅れながらも悠二がきちんと助けに駆けつけたことで
二人の仲は無事解消します。
「苦しいよ悠二。一人だと苦しい。悠二・・・強くなってよ・・・もっと強く・・・。」

おいおいデレデレじゃないですか!
何ですかこのセリフは?

何だかこの騒動を経て二人の距離が急速に縮まったような印象。

zyerita456.jpg

しかし、「徒(ともがら)が来ればいい。そしたら悠二だって・・・。」
なんて言うシャナはちとシャナらしくないような気もします。
フレイムヘイズであるシャナが自ら徒の出現を望むというのはちょっとね。
このあたりもシャナは悠二のことが絡むと冷静ではなくなってしまう
ということを表しているのかも知れません。

zyerita457.jpg

次回は「悠二とシャナとキス」
これまた直球なタイトルで。期待してしまってもいいんですかね(笑)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。