アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-48 新世界へ

議長の掲げるデスティニープランとは一体何なのか?
とうとうメディアを通じて全世界に語られました。
どうやら遺伝子で人の役割を決めるというプランのようです。

しかし、いきなりそんなことを言われても判断に困りますよね。
ミネルバクルーたちも皆、呆然としています。

シンもいきなりのことで議長のことを信じていいのか
少し分からなくなっていました。
そして、それを見かねたレイはシンに議長の考えを説明し始めます。
その時のレイの口調はとても強く
まるで「シン、後は任せた」と言いたげなようにも感じられました。

実はレイはもう先が長くないのです。
現状、薬を服用してなんとか保っているという感じ。
レイは自分のことをクローンだと言っていましたが
ステラと同じエクステンデットと考えていいのかな。

その頃、議長は自分のプランに対する各国の反応を観察していました。
どの国も判断に困っているなかで
オーブとスカンジナビア王国のみがはっきりとした反対声明を出してきます。
その後、それに呼応するようにアルザッヘルからも反対声明が出されます。

zyerita426.jpg

「反対する者は力で抑えつける」
議長は自分に逆らった者はこうなるんだと見せしめるため
ロゴスから奪ったレクイエムを発射しアルザッヘル基地を壊滅させます。

アークエンジェルも元々議長のデスティニープランには反対していましたが
反対声明を出しているアルザッヘルをレクイエムで壊滅させるという議長の行動を見て
より一層議長への不信感を抱きます。
ザフトとの対決は避けられない雰囲気になってきました。

zyerita427.jpg

今回の話はこんな感じです。
あまりストーリーは進んでないですね。
あと2回できちんとまとまるのかかなり心配です。

デスティニープランというのは遺伝子で全てが決められてしまうために
夢や未来といったものは全て失われてしまうといった欠点があります。
まああまり良さそうなプランだとは思えませんね。

次回は「レイ」
いよいよザフトとアークエンジェルの最終対決ですね。
なんかルナマリアが死にそうな雰囲気だったのが気になりますが・・・。

そう言えばOPにはシンとレイの対決みたいなカットがありましたね。
シンがザフトを裏切れば対決もありえそうです。

ザフトとアークエンジェルが戦っているうちにルナマリアが戦死。
そして、またも大切な人を守れなかったシンは悲しみに暮れる。
シンには議長の真意が分からなかった。
最近は無意味な戦争ばかりだし、デスティニープランというものもおかしい。
そう考えたシンは議長を裏切りアークエンジェル側に付くことにする。
そのためシンとレイは対決することになってしまう。

次回はこんな展開になるかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。