アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-46 真実の歌

今回の展開には少し納得できないところもありましたが
ミーア死亡はまあ仕方ないかなという感じです。
今回は思いついたことだけ書いていきます。

☆キラ・ヤマトという男。
開始から46話目にしてやっとキラのキャラが掴めてきました。
キラって結構頑固ですよね。
自分の意思は絶対に曲げないタイプというか。
そして自分がこうしたいと思ったときは
仲間まで巻き添えにする非情さも併せ持っています。
しかし、そのわりには意外と優柔不断な面もありますよね。
こういうタイプのキャラってリーダーにはあまり向かないでしょう。
アークエンジェルはマリューさんが取り仕切った方がよさそうな気がします。

☆ミーアの死に方がマヌケすぎ。
シードデスティニーのキャラ全般に言えることなんですが
何か死に方がマヌケすぎるような。
普通に戦闘でやられるのならまだしも
戦闘が終了したと思って油断していたところを
生き残っていた奴に後ろからやられる(敵が狙っていたのはおそらくラクスでしょうが)
っていうのはなぁ・・・。
今回の場合、ラクスたちは危険を冒してまでミーアを助けに行ったわけですよね。
それなら一瞬たりとも油断してはダメだろうに。
う~ん・・・何だかなぁ。

☆議長の思惑とは。
議長にとって今一番邪魔なのはラクスですよね。
ミーアが偽ラクスだと世間にバレてしまうようなことだけは
絶対に避けなければなりません。
そのため今回のミーアを使ったラクスたちのおびきよせ作戦で
ラクスが殺せればミーアはそのまま生かす。
ラクスが殺せなければミーアは殺す。
おそらくこう計画していたのでしょうか。
結果としては下のような形に収まったというわけですね。
議長にとってはこれも想定内でしょう。

次回は「ミーア」
ミーアが残したのは一枚の写真とディスクだけ・・・か。
議長は証拠隠滅も完璧のようですね。
次回はミーアの過去を探る回かな。
題名的にミーアが絡んでくることは間違いないでしょうが
どう絡んでくるのか楽しみな部分は多いです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。