アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-43 反撃の声

前回見逃したのでストーリーがあまり分からないですね。
ま、どうせほとんど進んでないんだろうけど。

地上ではよく分からない人たちが大活躍していました。
活躍している機体はドムでしょうか?
グフ・ザク・ドムは区別が付きにくいので困ります。

そして、メインの空中戦はシンレイ連合VSキラの戦いから始まります。

アカツキはもうやられたのかよ!
しかもちゃっかりカガリはアークエンジェルに戻ってるし。
前回の流れは
シンとカガリの戦いでカカギのアカツキ敗れる→キラがカガリの救援に→そこにレイも加わる
といった感じだったと考えていいのかな。

キラは1人でシンとレイの2人を相手にしているわけですから
いくらキラが強いとは言え現状はオーブ側にとっては相当に不利な状況ですね。
こんな状況でキラ大好きのアスランがこのままじっとしているはずがありません。
アスランはジャスティスに乗り込み、手負いの身ながらキラの救援に向かいます。
シンとレイは死んだはずのアスランが生きていることに少し驚くものの
生きていたのならもう一度やっつければいいというわけで
二人ともそれほど動揺する素振りはありません。

その頃、ユウナは地上軍の戦いの流れ弾で死亡します。
まあユウナだしどうでもいいですね。

zyerita422.jpg

2対2となったところで戦闘はシン対アスラン、レイ対キラの二手に分かれます。
アスランは相変わらず話し合いでの解決を目指しシンに戦闘をやめるよう呼びかけますが
すでに開き直ったシンにその声は届くはずもありません。

そして、後半になってもシンとアスランの戦いは続きます。
シンとアスランが共に種割れし、いよいよ戦闘も佳境を迎えたその時
アスランの一撃がシンのデスティニーにクリーンヒットします。

アスランってこんなに強かったのかぁぁぁぁぁ。
アスランがシンに対し対等以上の戦いを繰り広げるなんて・・・。

その頃、ミネルバは逃げるジブリールの姿を捉えたことで満を持してルナマリアを投入。
ルナマリアはジブリールの乗るシャトルの撃墜に向かいます。
一方のオーブ側はムラサメを投入。当然、その阻止に向かいます。
そして、ルナマリアがシャトルに向けて放った渾身の一撃は・・・当たりません(もはやお約束)。
ジブリールには月に逃げられてしまいます。

zyerita423.jpg

タリアはジブリールに逃げられたことで戦う目的もなくなったため、全軍に撤退を命令。
オーブ側も逃げるザフト軍を追撃する気はなくこれにて戦闘は停戦状態となります。

そして、ムウとマリューの会話イベント。
前回見ないうちにムウはある程度目覚めたようですね。
自分のことをムウだと自覚してますし、戦闘にも参加してましたし。
また、ムウはマリューのことも思い出しつつあるようです。

戦闘が停戦状態になったことでオーブ代表のカガリは
電波を利用して全世界に(議長に)声明を送ります。
カガリはまずは「本音と建前」の建前から入ります。
カガリは、議長のロゴスを滅ぼして世界を平和にしようという考えは確かに魅力的で
その上、議長は一個人としても魅力を感じる存在だと語ります。
そして、いよいよ本音に入ろうとしたその時
突然電波がジャックされ、なんとスクリーンにはミーアの姿が映し出されます。
ミーアはやんわりとした口調でジブリールをかくまうオーブを批判します。

ミーアの話に真剣に耳を傾けているミネルバクルーを見ると
ラクスの存在って偉大なんだなぁと実感しますね。

しかし、もう戦う覚悟のできたラクスには以前のように隠れ回る理由もありません。
そこでキラと共にカガリのもとに向かい、電波ジャック返しを敢行します。
ラクスは電波を奪い返すと、さっきのラクスは偽者であると話し始めます。

zyerita424.jpg

今回の話はこんな感じです。
電波ジャック、さらに電波ジャック返しという展開にはびっくりしましたね(笑)
議長が驚くのも無理はありません。

議長はラクスがオーブにいることを知らなかったんですか。
議長は以前、部下たちにラクスの殺害を命じていたわけですから
それが失敗したのならラクスがオーブ側に付きそうなことくらい
想像できそうな気がしますけどね。

それにしても今回のアスランの活躍は凄かった。
今までずっと長い目でアスランを見守っていたので
ここにきてのこの活躍ぶりは嬉しい限りです。
でも、こんなに強いアスランは久しぶりなのでちょっと違和感ありますね(笑)

次回は「二人のラクス」

二人一緒じゃダメですか?
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。