アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-40 黄金の意志

今回はシンの今までの戦いの回想シーンからです。

zyerita417.jpg

シンが残忍な殺人鬼にも見えるようなこのゾンビっぽい色での演出は
シンがステラやキラ、アスランを殺したことに関して
自己嫌悪に陥っているということを表しているんでしょうかね。

議長は前回の戦いで活躍した褒美としてシンとレイにフェイスの資格を与えます。
タリアが議長の考えに不信感を抱きつつあるため
シンとレイにタリアと同じフェイスの地位を与えることで
シンとレイを自由に行動させやすくしようという狙いもあるようです。

zyerita418.jpg

ザフトはジブリールがオーブに逃げているという情報を掴みます。
ジブリールもオーブくらいしか逃げる場所がなかったですから当然の成り行きですね。
ラクスの恐れていた通りの展開になってきました。
つまりここまで議長の目論見通りに事が進んでいるということです。

zyerita419.jpg

ユウナが久しぶりに登場しましたが、よりパワーアップして帰ってきたという印象です。
ユウナがオーブにジブリールはいないと虚偽の発表をしたことで
サフト側にオーブを攻める口実を与えてしまいますが
当の本人に自覚症状はなし。
こんな人が指揮官なんですからオーブも大変です。

その後、オーブの街がザフト軍によって攻められている状況に我慢できなくなったカガリは
自分が外に出て戦うことを決心します。
いよいよ金色の新機体アカツキの登場です。当然パイロットはカガリ。
そして機体のある部屋に入るとカガリの父さんの遺言が流れ出します。
とりあえず演出的に凄い機体だということは分かりました。
この機体を何で今までのピンチの時に使わなかったんでしょうかね。

zyerita420.jpg

しかし、この機体いくら何でも目立ちすぎですね。攻撃の的になることうけあいです。

それにしてもカガリって全然成長してないような。
今回も周りの意見に耳を傾けず自分の意思で突っ走ろうとしてましたし。
なんか最初の頃とあまり変わってないですよ・・・。
でも、ユウナを国家反逆罪で逮捕したのは良かったですね。
こういうキャラって見てても不快になるだけですから。

そして、いよいよミネルバが戦場へ到着。
シンが先陣を切ってアカツキのもとへと向かいます。
オーブが憎いという私的な理由だけでアカツキのもとへと突進するシン。
こうなったシンは強いです。

zyerita421.jpg

今回の話はこんな感じです。
アスランの怪我は深刻なようでまだまだ戦場復帰は難しそうですね。
でも、戻ってきたところでキラやシンには到底敵いそうにないですから
このままの方が良いのかもしれません・・・。

さてと、段々とギャグアニメ臭が強くなってきたこのアニメですが
キャラ萌えで全ては解決ですね(?)
と言うことでもっとルナマリアやメイリン、ラクスの出番の増加を希望します。
カガリ萌えはちょっと苦しいですからね。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。