アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乙女はお姉さまに恋してる 第7話 小っちゃな妹と大きなリボン

zyerita355.jpg

このお茶には奏ちゃんの笑顔というフレーバーが入ってるのね。

お前は何を言っているんだ?

こんな恥ずかしいセリフを真顔で言いますか普通・・・。
宮小路瑞穂・・・なんて恐ろしい子。

zyerita356.jpg

さて、本題の奏のリボンの問題についてですが
最初はリボンの大きさについてクレームを付けられて
自分が付けることで大きさをぼかすという瑞穂の作戦は頭いいなと思ったんですよ。
でもよく考えてみると瑞穂の言っていること結構微妙ですよね。
問題になっているのは装飾として目立ちすぎているということなのに
いつの間にか大きさの問題になってしまっているんですから。
何か変な話ですよね。論点がずらされているというか。
結局、奏が付ければ目立つという問題は何も解消されていないわけで。
貴子さんももう少し粘れば論破できた可能性もあったのではないかなと。
そんな気がした今回のお話でした。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。