アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奥さまは魔法少女 第2話 シチューはOKよ、ということ

前回からの謎だった嬉子はなぜキスはダメなのかという理由が今回で解明しました。
嬉子はキスをすると魔法の力が失われてしまうのでできないのだとのこと。
また、嬉子の夫は現在別の女性と浮気しているようです。
一方、巽は出版社のバイトを始めました。
すると、巽はいきなり有名作家の浅羽保に連載の確約を取ってくるようにと上から頼まれます。
しかし、巽は保に頼み込んだものの話し合いは失敗に終わります。

zyerita314.jpg

そこで巽は保が店屋物ばかりを食べている食生活に目を付け
嬉子さんの手料理のシチューを持って行き、まずは食べ物で釣るという作戦に出ます。
保はそのシチューを食べて、すぐにそれが嬉子の料理だと気づきました。
そう、保は嬉子の夫だからです。

zyerita315.jpg

今回の話はこんな感じです。
目覚ましの止め方、アイスの食い方、クルージェの変身シーンと相変わらずエロ満載でした。
クルージェの変身シーンの「さやかちゃーん」には意味不明すぎて笑ったよ。
話の内容は面白かったですね。これは結構期待できそうな感じです。
次回は新キャラ登場のようです。
戦いの基本線は嬉子は話し合いでの解決、相手方は力ずくでの解決を目指すって感じですか。
このへんは分かりやすくていいですね。
そういえばクラスの女の子たちは嬉子の助けでなんとか助かったけど
クルージェはどうするつもりだったんでしょうかね。
あのまま落ちたら死んでしまうところだったと思うんですけど・・・。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。