アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

極上生徒会 最終回 今日も極上日和

前回で生徒会メンバーは会長に会うことに成功したので
このまま会長を連れ去って
後はハッピーエンドに向かうのかと思っていましたが
そう簡単に事は進まないようで依然シリアスな展開が続きます。

前半は当主を影で操っているV機関という黒幕が唐突に出てきたり
プッチャンの正体が判明したりするなどかなりの超展開という感じでした。

最終的には金城家の後押しを得てV機関の執行主席者となった聖奈さんが
会長から当主の地位を剥奪し
代わりにプッチャンを当主とすることを決定したことで
話は終結を迎えました。

このあたりの内容は伏線も何もあったもんじゃなかったので
ただただ呆然と眺めていましたね。はっきり言って無茶苦茶でした。

プッチャンは蘭堂ちえりの息子の蘭堂哲也の霊が移った人形と考えていいのでしょうか。
個人的にはプッチャンの正体は謎のままの方が良かったですね。
プッチャンはプッチャン。それ以上でもそれ以下でもないはずから。

zyerita290.jpg

後半は話としてはおまけみたいなものです。
おおまかな流れとしては、会長復帰~卒業式~入学式という流れでしたが
入学式では会長ら卒業生は、理事長(奏)になっていたり
特別講師(聖奈、シンディ)になっていたりしており
結局誰との別れもありませんでした。
しかし、高校卒業後いきなり理事長や特別講師って有り得ないと思うんですが・・・。
ポイントは奈々穂が会長になったことで空いた副会長の枠に香が入ったことくらいですか。
れいんや小百合の方が一応年上なのに・・・れいんと小百合はちょっと悲惨すぎますね。
あと、最後の賊退治は必要以上にボコりすぎだと思いました。

zyerita291.jpg

全体的な感想としてはかなり面白かったと思います。
何だかんだ言いつつも毎週楽しみに見させてもらいました。
欲を言えばもう少しギャグ回を増やして欲しかったですね。
後半はほとんどシリアス回でしたから。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。