アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

極上生徒会 第23話 怪傑少女探偵団

極上寮の管理人さんはどうして小学生なのか疑問に思ったりの。
歩にまあちのことについて聞いてみることにします。
しかし、隠密の歩ですらまあちのことはほとんど分からないらしく
分かっているのはまあちは会長に呼ばれて極上寮の管理人になったということと
週に何日か学校を休んでいるということだけ。
そこでプッチャンの命令でまあちのプライベートを探るべく
「りの、れいん、みなも、小百合、まゆら」の5人をメンバーとした
怪傑少女探偵団なるものが結成されます。
しかし、なかなかまあちのプライベートは掴めずじまい。
掴めたのは奈々穂のリリカルな趣味くらいでした。

zyerita284.jpg

尾行し始めてから1週間が経過すると
他のメンバーからはもう辞めようという意見も徐々に出始め
これ以上まあちの尾行を続けるのは無理かと思われました。
しかし、プッチャンとりのはまあちに何かあった時に困るから
せめて行き先だけでも知りたいと考え、尾行を続けることにします。
そして、りのが必死に捜索していると
香の家でまあちが香と一緒にいる姿を目撃します。
なんとまあちが学校を休んでいたのは香の弟の世話をするためだったのです。
また、香は皆に迷惑をかけたくないという理由から
このことは生徒会メンバーに知らせていませんでした。

そしてりのからその話を聞きつけた生徒会のメンバーは
香の弟たちの世話を自分たちが分担することで
香の負担を軽減させてあげようと考えます。
そう・・・極上生徒会は「おせっかいが好き」なのです。

zyerita285.jpg

今回の話はこんな感じです。

今回はまあちメインの話のはずなのにほとんどまあちの出番はなかったですね。
この点はちょっと残念でした。

あと、みなもの行き先が隠密でもつかめなかった理由が良く分からないですね。
実は知っていたけど皆黙っていたというオチも考えられないですし・・・。

内容に関しては心温まる良い話という感じでまとまっていましたが
今回の場合、話に感動するというよりは
まあちや香に同情してしまうというような気持ちの方が強かったですね。
香の生活大変すぎだよ・・・。

次回は「あなたに会いたくて」
体育祭ということですが遊撃の出番はなさそうです(笑)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。