アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まほらば ~Heartful days~ 第22話 大事・・・

鳴滝荘はいつものように賑やかな朝を迎えていた。
しかし、朝美と沙夜子さんのことを思い出す度
皆、胸が痛くなる思いがしていた。
その日の帰り、白鳥は大判焼きを
7つ(2つは朝美と沙夜子さんの分)買った。
梢はプリン(朝美の好物)と
水ようかん(沙夜子さんの好物)を買った。
早く朝美と沙夜子さんに帰ってきてほしいなあ
と思う気持ちは皆、一緒なのだ。
一方、朝美は昨日からずっと沙夜子さんと
会っていないことに疑問を感じていた。
昨日から使用人にも何度も問いかけていたが
結局その訳は教えてもらえなかった。

zyerita235.jpg

そして、我慢できなくなった朝美はこっそりと
沙夜子さんを探すことにする。
すると、朝美は外に出たとき偶然まひると出会う。
まひるは沙夜子さんに会えず
辛そうな顔をしている朝美を見て
一緒に沙夜子さんを探そうと語りかけた。

zyerita236.jpg

まひると朝美は沙夜子さんの居場所を見つけたが
使用人の立花が部屋の中に入れてくれなかった。
そこで許しを得て、声だけ外から聞かせてもらうことにする。
部屋の中では、沙夜子さんは沙夜子さんの両親と
自分のお見合いについての話をしていた。
父は沙夜子さんにはお見合いで
いい相手を見つけてもらって
朝美は知り合いに引き取ってもらおうと考えていたのだ。
それが沙夜子さんと朝美の幸せのためとのこと。
しかし、そこで沙夜子さんは父に
自分はお見合いは考えていないということを告げる。
自分が今でも黒崎を愛していて
他の人との再婚なんて考えられないということ。
自分には朝美のいない生活なんて考えられないということ。
これらの意見を父にはっきりとぶつけたのだ。
それを外で聞いていた朝美は嬉しくなり大泣きしてしまう。

zyerita237.jpg

そして2人は豪邸での生活より
皆のいる鳴滝荘に戻りたいと思い
無事、鳴滝荘に戻ったのだった。

zyerita238.jpg

今回の話はこんな感じです。
話の流れとしては順当な感じですが
感動できる話で非常に良かったと思います。
沙夜子さんは普段無口なタイプなので、
そういう人が自分の意見をガツンとぶつける場面は
とても格好良く見えますね。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。