アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローゼンメイデン・トロイメント 第4話 契約

今回は翠星石と蒼星石、二体の双子を中心にした話。

全てのドールズが揃ったことは戦いの時が迫ってきていることを意味します。
どんなことがあってもずっと皆と一緒にいたいと考えている翠星石と
いざとなれば皆と戦うことになっても仕方がないと考えている蒼星石。
二人の意見はここで大きく分かれてしまいます。

zyerita224.jpg

翠星石にはマスターがいなかったため
皆を守るためにも新しいマスターと契約したいと考えます。
そして、その新しいマスターとしてジュンに白羽の矢が当たります。
ジュンは最初、翠星石との契約を拒絶していましたが
薔薇水晶との戦いで成り行き上、真紅が戦意を喪失してしまったため
やむなく翠星石との契約を決意します。
一方の蒼星石は世話になっているおじいさんのもとを
離れようとはしませんでした。

zyerita225.jpg

今回の話はこんな感じです。

翠星石は相変わらず面白いですね。
「巻きますか?巻きませんか?」
「このXってやつはなかなか見所があるです。」

このへん爆笑してしまいましたよ。

ストーリーの方では、蒼星石は戦う気満々なんですね。
てっきり皆で結託して薔薇水晶と戦う展開に
なるのかなと思っていたんですが・・・。
これからどうなるんでしょうか。
やっぱり薔薇水晶の操っていた人形のような
皆で殺し合いという展開になるのかな。

そして、気になるうさぎ男の正体。
この男の目的って一体何なんでしょうね。
見たところアリスゲームを促進しているように見えますから
そうするとドールズたちの父親かその使者と考えるのが妥当でしょうか。

zyerita226.jpg

次回は「手紙」
どうやらギャグ回っぽいですね。期待大です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。