アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #23 沈黙の夏

前半を見たときは何が起こったのか良く分からなくて
マジでキレる5秒前でした(そんなことでキレるなよと言われそうですが)
純一のことを諦めた(てかそこまで積極的ではない)はずのキャラたちが
純一への恋心をあからさまに表してみたり
音夢のことをまるで純一の恋人みたいだと言ってみたり・・・。
明らかに設定が破綻してるじゃないかと。
もしかしてスタッフは設定を忘れてしまったのではないか!
なんていらぬ心配までしてしまいまして(笑)

zyerita165.jpg

それで後半を見てようやく話の真相が分かったわけですが
要はアイシアが皆の幸せを願って桜の木を復活させてしまったために
皆が純一と音夢の関係を忘れてしまったというわけですか。
これが実際に皆の望んでいる世界とも思えませんが
そのことは今はおいときましょう。
雰囲気としては何か音夢が島に戻ってきてからの出来事を
皆忘れてしまっているという感じですね。
皆が純一と音夢の関係を兄弟兄弟と強調しているのは
皆自分にもチャンスの芽があると思って
音夢を蹴散らしてやろうと考えているからなのかな(笑)
ただ、当人たちも自分たちはあくまで兄弟なんだと
考える方向に向かっているようなので
話としてはこのまま丸く収まてしまうことも出来そうです。

今回はそんなこともあってことりたんの笑顔がたくさん見られましたが
素直に喜べない部分もあるんですよね。
ことりは純一のことになると必死で行動することも多いのですが
鈍感な純一はそんなことりの姿に何も感じたりしないのです。
ことりにもチャンスの芽が出たとは言え
ことりENDになる可能性は限りなく薄いですし
そもそも今さらそんなことになってもらっても個人的にはかなり微妙です。
とりあえずまたもや失恋なんてパターンにだけはしてほしくないところですが
これからどう話が展開していくのか注目です。

zyerita166.jpg

次回は「誓い」
やっぱりこの異変に気づける人物はさくらしかいないと思うので
これからはさくらが中心になって話が進んでいきそうな気がします。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。