アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #6 美春への手紙

今回も面白いです。さくにゃんかわいいにゃん。
音夢が帰ってきたことで、俄然話も盛り上がってきましたよ~。

今回の内容は以下です。
ある朝、純一たちが学校に行くと美春の下駄箱にラブレターが入っていました。
初めての体験に動揺する美春。
その美春の姿を見て純一たち(アイシア除く)は
美春が誰かからラブレターをもらったんだと察します。
まあ結果としては、それはラブレターではなく
昭島先生からの音夢が帰ってくることについての連絡だった訳ですが。

授業風景を見るとアイシアは純一と同じクラスのようですね。
ってことはアイシアは純一と同学年なのか~。うーん見えませんね・・・。

アイシアに彼女はいるのと聞かれて赤面する純一と
純一の返答を気にすることりがなかなか良いですな。
しかし、純一とことりの仲は全然進展しませんね。
第1話のアツアツっぷりが遥か昔のことのように思えます。
ひょっとして倦怠期にでも入ったのでしょうか。

zyerita123.jpg

次の日、保険医の昭島先生からのお知らせで一人の研修医が紹介されます。
その人の声、姿、見覚えがあります。そう、お待たせしました、朝倉音夢です。
音夢は保健の研修医としてこの学校に戻ってきたのだそうです。

音夢についてまとめると
音夢は2年前、純一の意見に反対して初音島を出て行き看護学校に進学した。
そして、看護学校卒業前に初音島に帰ってきた・・・という感じです。

音夢は純一のために手作り弁当を用意しており
今でも純一のことが大好きという気持ちに変わりはないようです。
手作り弁当を用意しているということは音夢の料理の腕は上達したということかな。
音夢が純一に自分の帰りを知らせなかったのは
なんとなく恥ずかしいなという気持ちがあったようです。

zyerita124.jpg

純一は眞子や環に音夢に会いに行ってみたらと誘われますが
純一はわざわざ会いに行く気はないとなぜか怒っています。
どうやら音夢が自分の帰りを知らせてくれなかったことに怒っていたようです。
純一にとっては帰ってきたことを美春には知らせて自分には知らせないという音夢の行動が
悪ふざけをしているようにしか取れなかったようです。
これは気持ちのすれ違いってやつなのでどちらが悪いとも言い難いですね。

とは言え、二人はすぐに和解。
以前からすれ違いの多かった二人なので仲直りはまだ先かと思っていたんですか
二年経って二人とも大人になったということでしょうかね。

音夢が家に帰るとアイシアが二人をお出迎え。
しかし、アイシアの存在を音夢が知るはずもありません。
音夢は妙に純一と親しいアイシアにやきもちのような気持ちを覚えます。
あ~やっぱり音夢は変わってないですね。ちょっと安心。

zyerita125.jpg

今回の話はこんな感じです。
これからは前作のような純一争奪戦になりそうな感じですね。
これは私が望んでいたとおりの展開なんですが
今は嬉しいやら悲しいやらで微妙な気持ちです。

この微妙な気持ちを短めにまとめてみました。

望み通り音夢が帰ってきたというのに
素直に喜べないのはなぜだろう・・・。
そう、それはことりが悲しむことになるのが分かっているから。
そして、音夢が出て行っていた理由、帰ってきた理由に何か納得できないものがあるから。
私はもうことりが悲しむ姿は見たくない。

ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

オチがないのでごまかしてみました(笑)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。