アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

急戦石田流(早石田)対策 石田流本組拒否型

今回は別の対策を考えてみたい


早石田側が後手を持ったとして

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3五歩 ▲2五歩 △3二飛

shogi23

これは居飛車側が早石田を拒否するのではなく
石田流本組を警戒した場合に起こりやすい場面である
これを基本図として、以下幾つかの変化を考えてみる

まず目につくのが▲2四歩だが、これは上手くいかない

▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3六歩 ▲4八銀 △8八角成
▲同 銀 △3三角

shogi24

手順中の△3六歩に▲同 歩は角交換後、△1五角の王手飛車で論外
▲2三飛成としても△3七歩成▲同桂△8八角成▲同銀△5五角でやはり駄目
結局はこの変化しかないのだが、以下飛車が成っても

▲2一飛成 △8八角成 ▲7七角 △8九馬 ▲1一角成 △2二歩

shogi25

後手の△2二歩が好手で次に△9九馬とされると先手は銀損となり
とても戦えないだろう

よって基本図からは▲4八銀、▲2二角成などが考えられるが
▲2二角成の場合、相手に飛車を渡す変化となり、難しい部分もあるので
個人的には▲4八銀の方が一直線で分かり易いと考えている
よってここでは▲4八銀の変化のみを考えることにする

▲4八銀 △3六歩 ▲同 歩 △8八角成 ▲同 銀 △5五角
▲3七銀 △3六飛 ▲4六角

shogi26

△3六飛まで一見後手の攻めが成功したかに見えるが
▲4六角の受けが定跡でこれで後手はどうすることも出来ない

△4六同角なら

△同 角 ▲同 銀 △1五角 ▲3七歩 △2六飛 ▲同 飛
△同 角 ▲2八飛 △4四角 ▲6五角

shogi27

△3七飛成なら

△3七飛成 ▲5五角 △2八龍 ▲同 角 △2七飛 ▲3八金
△2五飛成 ▲1六角 △3五龍 ▲4六角 △4四龍 ▲7七銀

shogi28

どちらも大いに居飛車優勢である
基本図以下の戦いは発生頻度も高く
是非この定跡は記憶していただきたいと思う

最後に補足となるが、基本図でもし早石田側が先手の場合は
鈴木新手の▲7四歩で先手も面白く戦えるとの結論が出ており
(以下は△同歩 ▲同飛 △8八角成 ▲同銀 △6五角 ▲5六角などが一例)
居飛車側は余分な変化を避けるため△8五歩では△6二銀と上がることも多いようだ
こうなれば石田流本組を防ぐ事は出来ず早石田側にとっても不満のない展開になるだろう

参考にさせて頂いたサイト様、又は文献
将棋の初歩から初段まで P84~P99
スポンサーサイト
[ 2008/10/20 06:26 ] [将棋]奇襲対策 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。