アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いちご100% 第12話 雨の再会/本当のヒロイン

前半は真中が映像部で製作中の映画作品のヒロインを決めかねていると
偶然にもケーキ屋の前で西野と再会したという話。

題名でなんとなく想像は付きましたが
やはり来ました西野との再会シーン。
西野の登場は久しぶりなので嬉しかったですね。
ケーキ屋でのバイト姿もかわいくて良かったです。

あとは美鈴もなかなか良い感じでした。
美鈴は真中のことを良く理解しているようで
真中のどっちつかずな優柔不断ぶりを見て
「あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。
そんな監督が作った映画、誰が見たいと思う?」と真中を強く非難します。
まるで視聴者の気持ちを代弁してくれているかのようでしたね。

後半は東城が意味無くパンツを見せる話
ではなくて映像部の皆で映画作品のヒロインに相応しい人物を捜しに出かける話。

美鈴がヒロインに相応しいと思った人物、それは西野でした。
真中もヒロインには西野が相応しいとまでは思っていなかったものの
ヒロインには「明るくて、でも少し謎めいてて、華奢で。」という
西野にぴったりなイメージを思い浮かべていました。
そして、美鈴に言われ西野のもとに出向いた時
真中ははっきりとヒロイン役には西野しかいないと感じます。
そして、真中は西野に自分の映画にヒロインとして出演してほしいと頼み込みます。
西野も真中や部員たちの真剣な表情を見て、喜んでそれを承諾します。
めでたしめでたし。

zyerita035.jpg

今回は前半と後半の話が連動していて
なおかつオチも分かりやすく王道の展開という感じでした。
上手く誰ENDと決まることもなく終わらせていましたし本当に良かったと思います。
久しぶりにいちご100%を見て素直に面白いなぁと感じました。

全体的な感想としては内容は所々で素晴らしい部分もありましたが
恋愛モノとしては余りに作画が酷かったと思います。
あと、無意味なパンチラの演出過多も気になりました。
題名的にも仕方のない部分があるのでしょうが
あまりやられるとやっぱりうんざりしてしまいます。
そのあたりが人を選ぶアニメにしてしまったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。