アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いちご100% 第5話 パニック IN MY ROOM/怒涛の夏合宿

クソアニメ ああクソアニメ クソアニメ

これかなりのクソアニメですね。
一応ここまで来たからには最後まで心中するつもりですけど(大げさ)

前回のレビューでさつきの声はミスキャストだと書いたように
個人的に前回はさつきの声にかなりの違和感を感じてたんですが
今回聞くとなんか普通に聞けました。
声の違和感っていうのは意外とすぐにとれるものですね。
棒読みや作画崩壊にはなかなか慣れませんが。

今回の内容は以下です。
まず、真中と東城が今回の最初に仲直りします。
西野の頑張ってる姿を見て自分も頑張らないとと思った真中が
東城に映像部に入ってくれないかと必死に説得したのです。
説得は成功し、東城は文芸部との掛け持ちながらも
映像部に入部してくれることになりました。
そして、真中の提案で二人は真中の部屋でビデオを見ることにします。
映像部として活動しているので二人でその勉強をしようというわけです。

zyerita019.jpg

すると、突然部室から家に電話がかかってきます。
真中は東城と一緒にいることを必死で隠蔽しようとしますが
東城が声を出してしまったためバレてしまいます。
そうなると当然、真相を探ろうと映像部の部員たちが家にやってきます。
その後、西野や唯も真中の家にやってきてもうめちゃくちゃに・・・。

zyerita020.jpg

前半の内容はこんな感じです。
ここでかなり疑問なのが東城の性格についてですね。
よっぽどのことが無い限り怒らないキャラという感じなのに前回の怒り方は凄かったです。
こうなれば当分の間、気まずいままなのかと思うと開始数分で仲直り。
何かキャラが破綻しているような気さえします。

後半は映像部で合宿に出かけるという話です。目的は映画を撮ること。
しかし、映画を撮るとは名ばかりで実際は海に泳ぎに来ただけでした。
海で遊んだ後は女子は風呂に入り、男子は部屋で休んでいました。
小宮山や外村はこの日の様子から
さつきも東城も真中狙いということに気づいたようで
二人の恨みを買った真中は女子風呂に投げ入れられてしまいます。
この展開はI'sを思い出しましたね。

zyerita021.jpg

そしてメインのさつきイベント。
それは真中とさつきが夜に廊下を歩いていて偶然出会った時に起きました。
さつきはのぼせていたためか理性を失っており本能のおもむくままに言葉を発します。
「ねえ真中・・・さっきあたしの裸見たでしょ?」
(真中に見てないと言われ少し残念がって)
「あの時からずっと体のほてりが取れないの・・・。」
(真中が態度をはっきりさせないことに業を煮やし)
「したかったの・・・。真中と二人っきりになってキスとか色んなことしたかったの!」
(少し我に返ったのか)
「もう・・・女の子にこんなこと言わせないでよ、恥ずかしい・・・。」

zyerita022.jpg

恥ずかしいのはこっち(視聴者)です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。