アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リトルバスターズ! #6 J.C.Staffの本気を見た

リトルバスターズ第6話、見ました。

今回は小毬ルートの解決編。
ストーリーを逐一書き並べるのは避けますが、
J.C.Staffの本気を見ました。
神懸かっていたといっても過言では無い出来だったと思います。

特に後半、理樹が拓也君の書いた絵本の続きを描き始めてからの流れは圧巻。
リトルバスターズの面々も、自分たちには何も出来ないと言いながら
それぞれが考えて、食事や画材を準備して理樹のことを影からフォローします。
皆、小毬に元気になって欲しいという思いは同じだから。

絵本が完成すると、理樹は小毬に絵本を用いて、
拓也君は死んでしまったけど、リトルバスターズの面々がいるから
小毬は一人じゃないんだ
ということを説明します。
わざわざ空白のページまで用意して、
残りはこれから思い出を作って埋めていこうなんてキザなことまで言っちゃって。
およそ普段の理樹君からは想像も出来ない大胆な行動です。
そして努力の甲斐あって、小毬はトラウマを克服することに無事成功。
彼女の最高の笑顔が見られた所で今回の話は終了です。
原作通りと言われればそれまでかもしれませんが、演出が本当に素晴らしかったです。

それにしても原作をプレイ済みのはずなのに
ほとんど初見のような感想になるってのもどうなんだろうか。(記憶力に難あり)
小毬ルートに関して、事前に覚えていたことは、
小毬は確かヤンデレキャラだったということだけでした。
(そもそも厳密にはヤンデレでも何でもないし、かなり失礼ですね。)
スポンサーサイト
実は・・・
リトルバスターズ!のヒロインたちの殆どがヤンデレぽいのは
これからの起きる(ここまでアニメ化されるのでしょうか?)ことの
所以ですね。恐らく次のターゲットの三枝葉留佳ルートの原作が
一番堪えました。
[ 2012/11/13 21:13 ] [ 編集 ]
はるちんルートは未だに覚えてます
コメントありがとうございます。

>(ここまでアニメ化されるのでしょうか?)
リトルバスターズは2クールと噂に聞いていますので、
おそらく最後までやるのではないかなと予測しています。
1キャラ3話でいけばギリギリいけるとの読みです。

>三枝葉留佳ルートの原作が一番堪えました。
はるちんルートの原作は私も一番堪えました。
複雑な家庭環境で、佳奈多と葉留佳、姉妹なのに
どうしてあれだけ違う待遇を受けなければならなかったのか・・・(おっとそこまでだ)

共通ルートの明るいはるちんと、ルート中のダークはるちんとの温度差が凄かったですから
インパクトもより強くて、記憶も鮮明に残っているのでしょうね。

あのはるちんルートをJ.C.Staffさんがどのように描いてくれるのか、非常に楽しみにしています。
[ 2012/11/13 22:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まんがタイムきらら 2012年12月号
チェリーブロッサム! (2) (まんがタイムKRコミックス)(2012/06/27)茶菓山 しん太商品詳細を見る 緑に囲まれたクロ。 いつも周りの枠が黒なので、緑色なのは 新鮮化感じがします
[2012/11/13 21:13] 北十字星
リトルバスターズ!「第6話 みつけよう すてきなこと」/ブログのエントリ
リトルバスターズ!「第6話 みつけよう すてきなこと」に関するブログのエントリページです。
[2012/11/13 21:50] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。