アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ROBOTICS;NOTES #3 タネガシマシンには夢がある~

ROBOTICS;NOTES第3話、見ました。

ストーリーは、ギルバラの操作方法を組み込んだタネガシマシン3改を使って
ロボットコンテストに出場した海翔たちだったが、善戦空しく決勝戦で敗退し、
教頭からロボ部の活動停止を命じられてしまう。
しかし、決勝戦で対戦した「ミスタープレアデス」の正体が、
同じ高校に所属する日高昴であったことを見抜いていた海翔は、
「ミスタープレアデス」の正体を黙秘することを条件に昴をロボ部に取り込み、
公約通り、無事に予算を受け取ることが出来たという話。

タネガシマシンには夢がある~。
やっぱりロボットっていいな、という話です。

ロボットコンテストのタイマン勝負で決着をつけるというシステムも明快で面白いし、
実際に将来、こんな感じで自由自在にロボットを操って
ロボット好きの同士と対戦できたりとか出来るようになると良いですよね。
ギルバラのプログラムを組み込んで、操作性を一新してしまうとか夢のある話です。

しかし、今回のロボットコンテストはどんな規模の大会だったんでしょうね。
全国大会?出場条件は?見逃してしまったのかもしれませんが、その辺りもう少し説明の欲しい所です。

あと少し気になった所で、今回、あき穂に次いで、海翔にも持病があることが発覚しました。
海翔君のロボット操作技術は、もはや達人の域にあり、
特にピンチになった時には、およそ人外の動きを繰り出すことが出来るようで、
どう見てもナチュラル(通常の人類)のものとは思えませんね。
やはり某ロボットアニメのように、海翔には、幼少時に遺伝子操作によって体を改造され、
抑制薬の服用によって何とか毎日生き長らえているという裏設定があるのかもしれません。(ないない)
スポンサーサイト
相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://34vv.net/52q/
[ 2012/11/11 06:22 ] [ 編集 ]
お誘いありがとうございます。
初めまして、キスカといいます。

ランキング登録へのお誘い、ありがとうございました。
さっそく登録させていただきました。

一緒に発展していけるといいですね。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
[ 2012/11/12 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。