アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信奈の野望 #12 スマホは鉄で出来ている

織田信奈の野望第12話、見ました。

今回は比叡山での朝倉との最終決戦で、
金ヶ崎撤退戦での消耗から、信奈軍は苦戦を強いられるが、
最終的には戦の元凶の近衛を倒し、無事に勝利を収めたという話。

一言で言って、すごく無難にまとめたなという印象です。

安否が不明となっていた主人公と光秀は、結局両方とも生きていたわけですけど、
半蔵の協力と前鬼の犠牲があって助かった主人公はまだしも、
光秀に至っては何の説明も無く普通に生きていて驚きました。(しかも軽傷)
このアニメは登場人物を殺さないんだなぁと改めて認識しました。
遺体が無いイコール生きてる的な。
おそらく今回信奈が成敗した近衛も当然生き延びているんでしょうね。

個人的に期待していた信奈のダーク化も、
家臣の説得と主人公、光秀の復帰があって実現せず、
戦いの最大の障壁になると見られていた義龍も
信奈の想いを聞いて戦わずして勝手に引き下がるわと、
善人の集まりすぎて、およそ戦国らしくない風景となってしまいました。

最終回は期待していた展開にはならずに少々残念でしたが、
全体を総括すると、女の子が皆可愛いかったのは事実だし、
個人的にもまずまず楽しませてもらったかなぁと思っています。特に長秀ちゃんはイチオシ。
ただ、これ歴史アニメでも何でもなくて、ぶっちゃけただの萌えアニメですので、
戦国時代が好きなので見てみようなんて思っている方がいれば、その点は注意が必要です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。