アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信奈の野望 #10 安心安定の史実展開

織田信奈の野望第10話、見ました。

上洛に成功し、天下に覇を轟かせつつある信奈軍。
もはや近隣諸国で信奈に従わない大名は朝倉家のみとなっていた。
信奈は朝倉討伐を決意し、越前に軍を進めるが、
道中で突如、浅井の裏切りに遭い、京へ退却せざるを得なくなる。
そんな絶対絶命のピンチのなか、主人公は殿軍の指揮を申し出、
信奈の撤退を後押しするが、撤退戦の最中、何者かの砲撃により信奈は撃たれてしまう。
信奈の安否はいかに・・・。

とまあ、今回の内容はまとめるとこんな感じ。

主人公の殿軍や松永の朽木説得など、割と史実に沿った展開が続いたので、
今回は安心して見ることが出来ました。
戦国時代の雰囲気や世界観を崩さない範囲でならば、歴史改変も良いとは思うんですけどね。

また、回想シーンを多用して、主人公と信奈の別れを強調したり、
物語の山場を迎えてるという点も上手く描写できていたと思います。

あと、最後に撃たれてしまうのが主人公ではなく、信奈という点も意外性があって良かったですね。
今まで危機に陥るのは主人公ばかりだったので、こういう展開は素直に良いと感じました。

おかげさまでタコ焼き回で折れかけた心を何とか取り戻しましたので、
この勢いのまま、あと残り2話頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。