アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋と選挙とチョコレート #7 風は吹いている

恋と選挙とチョコレート第7話、見ました。

今回は前半は選挙活動、後半は東雲姉妹とのイチャラブ三昧と見所の多い回でした。

ただ、前半の毛利会長の論理展開はいくらなんでも酷いと思います。
獲得した600票全てが固定票という希望論は百歩譲ってよしとしても、
行政三部以外の候補者ということをアピールすれば
風が吹いて浮動票(1700票)を獲得できる可能性があるっていうのはちょっと・・・。

古い体制をブチ壊すって言ってもねぇ。
改革も何も、主人公の訴えていることは、ショッケン含む活動実績のない部活動の廃部阻止でしょう?
要するに特に何もしないというわけで。改革じゃなくて保守なんですよね。
そこの所をはき違えないで頂きたい。

後半の東雲姉妹とのやり取りはとても良かったですね。

ひたすらスキンシップで迫り、主人公を追い詰める葉月先生と
理路整然とした語り口から主人公の逃げ場を無くしていく皐月ちゃん。
対象的な2人ですが、どちらも甲乙付け難い魅力がありました。

今回、皐月ちゃんが変質者と間違われた主人公を自分の部屋に匿うシーンがありましたが、
同じようなシチュエーションが、ガンダム種運命のアスランとメイリンでもありましたよね。
この後、アスランとメイリンは正式にカップルと言える関係になりますので、
過去の歴史から判断すると、皐月ちゃんルートが有力になったと考えられそうです。

千里ルートじゃないとチョコレートが絡んだ話にならないかもしれないですが、
もうそれはいいじゃないですか。個人的には恋と選挙だけで十分です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

恋と選挙とチョコレート 第7話 「合宿!」
恋と選挙とチョコレート 1(イベントチケット優先販売申込券封入・完全生産限定版) [Blu-ray](2012/09/26)中村悠一、中村繪里子 他商品詳細を見る  住吉千里は、「ef - a fairy tale of the two.
[2012/09/02 14:09] 北十字星


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。