アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋と選挙とチョコレート #2 僕は、東雲皐月ちゃん!

恋と選挙とチョコレート第2話を見ましたので、久しぶりにアニメ感想。

恋と選挙とチョコレート(通称:恋チョコ)は、
美少女ゲーム原作のアニメ化作品で、ジャンルはよくある学園モノ。

ストーリーは、現在、学園の次期会長選が間近に迫っており、
次期会長有力候補とされる東雲皐月が、主人公が所属している食品研究部(ハーレム部)を
活動実績のない部活動は不要との方針から廃部にする意向なので、
食品研究部を廃部にしたくない主人公は、それに立ち向かうべく、部内で会長選の立候補者を募る。
(多数決を取ったところ、結局主人公が立候補することになるのだが。)

今のところそんな感じです。

かなりバタバタした第1話から、今回は登場キャラ1人1人に焦点を当てて、ゆったりと話が展開した印象で、
なかなか良かったのではないかなと思います。

キャラ的には、東雲皐月が好み。
黒髪ロングの、正統派美少女の、それでいてちょっとおとぼけさん。
ペコ島君とか言っちゃう姿は、雰囲気的にアマガミの森島先輩を思い出してしまうところですが、
あっちはただの残念な人なので、そういう意味で差別化はできています。
皐月ちゃんは、頭脳明晰ですから。ラブリー信者には申し訳ないが、一緒にしないでいただきたい。

とりあえず、第2話が個人的にヒットした(というか皐月ちゃんが好み)ので、次回以降も視聴は継続の予定。

しかし、タイトルの「恋」と「選挙」はすでにキーワードになっていますが、
「チョコレート」は一体どういう意味なんでしょうね。
千里がチョコレート嫌いということと少し関係があるのでしょうか。
チョコレートは、甘くて苦いから、まるでそれが恋のようということなんでしょうか。
でもそれだと、チョコレートじゃなくてマーマレードだしなぁ。(若干古い)

第1話を見た時は、今期の3大糞アニメ(あとの2つは「この中に1人、妹がいる!」と「トータル・イクリプス」)の
1つに計上していましたが、その中では一歩抜きんでた(良い意味で)。
そういう印象があります。
スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/03/13 15:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

恋と選挙とチョコレート「第2話 出馬!」/ブログのエントリ
恋と選挙とチョコレート「第2話 出馬!」に関するブログのエントリページです。
[2012/07/16 12:50] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。