アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドルマスター #1 何なん?君ら本当に何なん?

夏アニメ感想第2弾、アイドルマスターです。

とりあえず第1話としては、全然面白くなかったです。
AV撮影チックなインタビュー方式。これは明らかに失敗でしょう。
視聴者に全員のキャラクターを覚えてもらいたいという意図は分かりましたけど、見せ方が最悪。
テレビに向かって延々と喋られてもお寒いだけだし、大体無音時間が長すぎです。

それにキャラクターにも魅力がない。
あれだけ沢山のキャラがいるのに、まともなのは伊織くらいのもの。
どのキャラもアイドルになろうと思った理由がおかしくて全く共感できません。

引っ込み思案を直したい、新しい自分を探したいという雪歩。
まず致命的にアイドルに向いていないと思われるので、論外です。

アイドルとして頑張って、誰かに見つけてもらいたいというあずさ。
アイドル活動を、婚活か何かと勘違いなされてませんか?

ひたすら歌うことにのみ拘る千早。
アイドルではなく、歌手を目指すべきだったのではないでしょうか。

アイドルになろうと思った理由を話そうとしない響。
君は、トップシークレット言いたいだけちゃうんかと。

他にも、ぷりぷりとかフリフリとかチョーさんばりの擬音語で表現する真。
家計を助けるためにアイドルになるという、貧乏ぶりが半端ないやよい。
など、ツッコミ所多すぎです。

その点、有名になって周りに自慢したいという伊織の野望は可愛げがあって良いですね。
彼女は1期でも素晴らしいツンデレを見せてくれましたので、
2期となる今作も、彼女にかかる期待は大きいです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。