アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信奈の野望 #6 墨俣一夜櫓

織田信奈の野望第6話、見ました。

今回は美濃の斎藤義龍討伐のため
戦略上の要衝とされる墨俣に城を作り、それを起点に攻め込むことを考えたが、
斎藤軍の妨害に遭い、城作りに失敗し続けたため、
結局は普通に攻め込んで滅ぼしたという話。(要約するとマヌケですね)

一晩で城を作ると意気込んでいた主人公も、やはり一晩では厳しかったのか
出来たものは城というよりもむしろ櫓のようなもので、
地上から逆に鉄砲で狙撃されてしまっているように品質も低いです。

城を作って攻略の起点とするはずが、逆に攻撃目標になるという大失態を演じてしまいました。

秀吉が命じた墨俣城の築城は、歴史的にも創作ではないのかとされており、
逸話の少なさが今回の派手な歴史改変に繋がったとも言えそうです。

そして、義龍を捕えた後は、お決まりの不殺タイム。
道三だけでは飽き足らず、とうとう義龍まで生かしてしまいました。
親子共々下克上や裏切りで有名な人物ですし、織田家中に不穏な空気が流れないか心配なところです。

ちなみに、信長の野望では、道三の義理値は1、義龍の義理値は11です。(最大値100)

この主人公、信長の野望が好きと言っていますが、
ちょっとやり込みが足りてないんじゃないですかねぇ。
ノブヤボファンを名乗るなら、あの場面は、義理値11だから生かしておけないとか言って、
信奈に処断を進言してほしいところでした。
スポンサーサイト

恋と選挙とチョコレート #6 木場美冬の策略

恋と選挙とチョコレート第6話、見ました。

今回の話は、予備選挙から開票まで。
演説前に原稿が確認できなくなるというアクシデントはあったものの
主人公がアドリブで乗り切り、無事予備選挙に通過したという内容でした。

やっぱり選挙本編になると面白いですね。

美冬が原稿と間違えて自分のポエムを渡した時はどうなることかと思いましたが
主人公は動揺しつつも見事に乗り切ってくれました。
美冬は主人公の緊張を解く意味と、さりげなく告白する意味の
両方の目的でああいうことをしたんでしょうね。
彼女はああ見えて策略家なのです。
ただし、主人公が演説後、明らかに無かったことにしようとしている点を見ると
フラグは消滅したと見るのが妥当でしょう・・・。

開票のほうも、さすがマンモス学園というべきか、
さながら本物の議員選挙のような、大掛かりで、魅せてくれる演出でした。(予備選なのに)

ただ少し気になったのは、全部で6000票程度なのに100票ずつ開票していくという
いささか不可解な開票システム。
6000票を60回に分けて数えるとか、逆に手間なんじゃないですかねぇそれ??
少なくとも予備選ではこのような演出は不要でしょう。

この学園には無駄が多いと立候補者たちも口を揃えて言っていますが、
その一端をこの予備選挙で垣間見た気がしました。

織田信奈の野望 #5 半兵衛ちゃんかわいいなぁ

織田信奈の野望第5話、見ました。

今回は美濃攻略の足掛かりとするため、
主人公が美濃の天才軍師、竹中半兵衛を味方に引き入れようと奮闘する話。

竹中半兵衛の陰陽師設定に
再度出しゃばる浅井長政(君は自国の心配でもしておきなさい)
と、今回も相変わらずの歴史改変ぶりを見せてくれましたが、
最後、主人公が説得によって半兵衛ちゃんを仲間にする展開は良かったですね。
秀吉といえば、己が魅力で人を惹き付けた、いわゆる人たらしとして有名ですから。
半兵衛ちゃんの織田家ではなく、良晴殿にお仕えするというセリフも相まって
素直にジーンときてしまいました。半兵衛ちゃんが人気がある理由も分かる気がします。

ただ個人的には半兵衛ちゃんの一番の魅力は、
やっぱりあの怖がりで臆病なところにあると思うんですよね~。
義龍に俺の側室になれと言われて、嫌がって泣き叫んでるシーンとか最高です。
ビクビクして今にも泣き出しそうな表情がもう本当にたまりません。
鬼畜モンで正直スマンかった。

恋と選挙とチョコレート #5 千里ルートはNo thank you

まず初めに、更新が遅くなり申し訳ありませんでした。
(1か月ぶりですね)

仕事との兼ね合いもあり、定期的な更新は難しいですが、
今後とも何卒よろしくお願いします。

-----
恋と選挙とチョコレート第5話、見ました。

今回の第5話はロンドンオリンピック中継のため、1週遅れでの放送ということで、
首を長くして放送を待っていたところなのですが、
結論としては、糞回だったと言わざるを得ないでしょう。

第1話から思っていたことですけど、
恋チョコのギャグパートって、本当に面白くないんですよね。
主人公と美冬のやりとりとか首を傾げたくなるレベル。
これなら淡々と選挙活動を進めてくれた方がよっぽどマシでしょう。
面白くもないギャグなら無意味に挟まないで欲しいです。

そして本題のストーリーですが、周り(主に美冬)が
千里ルートを斡旋する動きを見せているのが気になるところです。

千里はメインヒロインですが、性格的には自己中で暴力的なツンデレ(幼馴染属性有り)と
私の一番苦手としているタイプです。本人が主人公ラブなのは良いとして、
周りまでそれを支援する動きを見せるのは辞めてほしいです。
嫌いなものを無理矢理押し付けられることほどストレスが溜まることはありません。

ほら、千里以外にも魅力的なヒロインは沢山いるじゃないですか。
懐いてくる可愛い後輩の衣更ちゃんとか、
正統派美少女かつ頭脳明晰な皐月ちゃんとか、大人の魅力たっぷりの葉月先生とか・・・

とにかく、千里ルートだけはNo thank youです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。