アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CHAOS;HEAD NOAH 残念な主人公

DSCF0167.jpg

CHAOS;HEAD NOAH(以下、カオスヘッドと表記する)をクリアしたので、
例によってレビューします。

今でこそ、後発のSteins;Gate(以下、シュタインズゲートと表記する)が大ヒットし、
カオスヘッド?何それ?と言った感じになっていますが、
科学ADVシリーズ第一弾の作品として、当時はそれなりに話題になった作品です。

ジャンルは一言で言えば、サイコホラーを題材にしたノベルゲーム。
本作品の主人公は、引きこもり寸前のオタク高校生西條拓巳。
そんな彼が、渋谷を舞台にした連続猟奇殺人事件の現場に遭遇し、
関係者と接触してしまったことで、事件に巻き込まれてしまうという話です。

このゲーム、体験版もあるのでやってみると分かるのですが、
とにかく序盤が面白いです。というか序盤だけ・・・
主人公は、オタクの悪い所だけを詰め合わせたような性格で、

・学校に行くのは数日に一度(進級に必要な最低出席数に沿って登校)
・フィギュアと妄想の中で会話し、行き過ぎて時々現実と混同する
・オンラインゲームで勇者になって、最強を気取る
・訳の分からない所に住んでいる(ビルの屋上のコンテナ)

もうね、ダメダメすぎて逆に心地良いというかそんな心境になってきます(生温かい目で見守る気持ち)。

ただ、後半になってくるとその内気で自発的に行動しない主人公に段々イライラしてきます。
自身や妹の命が狙われるほどに追い詰められても、ひたすら逃げの一手。
誰かにすがるか、社会に絶望するか。見えない敵と戦うか。
最後、本当の本当にピンチになってから覚醒しますが、評価を覆すには時すでに遅し。
ダメダメな主人公だなぁという印象は拭いきれませんでした。

とまあ、主人公がダメすぎるという点はありますが、
地の文自体はしっかりしていて、ストーリーも破綻なくまとまっているので、
読んでて途中で投げ出すとか、そういったことにはなりにくいと思います。

問題は、コンプリートを目指してトゥルーEDまでプレイする場合で、
トゥルーED到達にはキャラ別EDの攻略が必要なため、周回プレイが必須なのですが、
キャラ別EDは、ストーリー最序盤の選択肢で分岐するため、
6人全員のEDを見るためには延々スキップ作業をこなす必要があります。

ゲーム中、選択肢(妄想トリガー)がおよそ30ほど存在し、
その度にスキップが一時停止してしまうことも苦痛の要因となっています。

周回プレイ前提のゲームなのに、周回プレイを考慮した設計になっていない。
完全クリアに要した45時間のうち、15時間はスキップ時間です。
(シュタインズゲートでは中盤以降の選択肢でルート分岐するようになり、この問題は大幅に改善されました)

悪くないと言えば悪くない作品なんだけど、システムの不親切さとかそういったことを含めて、
やっぱりシュタインズゲートと比べてしまうとちょっと・・・という感じがします。

プレイする場合は、カオスヘッド→シュタインズゲートの順番でやりましょう。
逆の順番でやるとちょっと肩透かしを食らってしまうかもしれません。
スポンサーサイト

トトリのアトリエ ~萌えとRPGの融合~

DSCF0165.jpg

すでに続編のメルルのアトリエが発売されてだいぶ経ちますが
敢えてトトリのアトリエをご紹介。

トトリのアトリエは、ジャンルとしてはRPGですが、
一般的なRPGに比べるとバトルの比重が低く、
アトリエシリーズの特徴とも言える、調合の比重の高いゲームになっています。

調合というのは、各地で取れるアイテムを実家の工房で合成し、
より強力なアイテム(武器・防具の素材や便利アイテムなど)を作成するシステムで、
ゲームクリアには調合を重ね、調合ランクを上げないと作成できない
特定アイテムの作成が必須となりますので、プレイ中、何回もお世話になることになります。

ただし、ここで問題になるのが、6年というプレイ年度の制限。
6年という時間制限は、ストーリー上、母親探しの旅に出た
トトリに与えられたタイムリミットとでも言うべきものなのですが、
母親に関する情報を得るためには、各地のボスを撃破し、
ストーリーを進めていかなければならず、調合とのバランスを上手く取る必要があります。
(トトリのアトリエでは、調合、マップ移動、アイテムの採取で日数が経過するため)

また、6年以外でも特定の年数で、ある程度冒険者としてのランクが上がってないと
問答無用でゲームオーバーとなるなど、難易度はなかなかシビアです。
実際、1周目は6年で母親に関する情報を得ることができず、
ゲームオーバーになってしまったプレイヤーも多いと聞きます。

エンディングは、ノーマルエンディングとキャラ別エンディングがあり、
周回プレイを意識した作りになっています。

何周やるかは人それぞれと思いますが、
個人的には1周目は攻略サイトに頼らず自力で頑張ってみるのがよいと思います。
クリアに必要な調合アイテムとか、便利なアイテムが先に分かってしまうと
難易度が大きく下がってしまいますので・・・。(調合ゲーですからね)

とまあ、ここまでゲームのコアの部分について、マジメに紹介してきましたが、
このゲームの真髄はこれ以外のもっと別なところにあります。

それはキャラクターの可愛さです。

岸田メル氏の描く可愛らしいキャラクターが、
フィールド上でぬるぬる動いているのを見るだけでもうね、萌え死にできるレベルです。

明らかに狙ってるだろ的なサブイベントも豊富(水着コンテストとか。勿論フルボイス。)だし、
バトル中もダメージ受ければ「痛~い」、必殺技を使えば、「いけ~」、
勝利すれば「やった~」とか、可愛らしい声を出すわけですよ。

あと、冒険中盤~後半にかけて、調合の手助けをしてくれる
ちむちゃん(人工生命体。性別は選べますが、当然女で)を
最大5体作れるんですが、これを5体作って工房で眺めているのが最高に癒される。
パイを食べたり、ゴロゴロ転がったり、眠ったりetc...ああ、可愛いなもう!!!

開発者はギャルゲではないと言い切っているようですが、
どう見てもギャルゲです。本当に(以下略

アトリエシリーズはすでに何作も発売されていますが
初めてやるのだとしたら、私としては、この作品を是非オススメしたいですね。
すでに廉価版も出ていて安価で手に入りますし、前作ロロナのアトリエの不満点を解消し、
ゲームとしての完成度が非常に高いですから。

萌えとRPGが融合された独特の世界観に、あなたも一度触れてみませんか?

タクティクスオウガのススメ

DSCF0164.jpg

お久しぶりです。

Rewriteをクリアしてから久しぶりにRPGをプレイしてました。
プレイタイトルは、「タクティクスオウガ 運命の輪」

RPGにこれだけハマったのは久しく記憶にないほどでしたので、
クリア記念にレビューさせていただきたいと思います。

「タクティクスオウガ 運命の輪」は、
SFCで発売された名作、タクティクスオウガの15年ぶりのリメイク作品です。
主な変更点は、クラスや新キャラの追加、シナリオの加筆修正など。

実は私は、タクティクスオウガは、このPSP版が初プレイだったのですが、
主人公が選ぶ選択肢によってストーリーが分岐する
このシステムは非常に衝撃的でした。これまでプレイした中でこういうゲームは記憶にないですね。
選択肢と言っても、どうせ選ぶだけで何も変わらないんだろうと思っていましたので。

少しネタバレになりますが、このゲームは主人公の選択により、

Lルート・・・法や規律を遵守する、個より集団重視の考え方。
Cルート・・・個の自由を重視し、理想を追求する考え方。
Nルート・・・L(Low)とC(Choas)の中間(Neutral)。バランスが取れている。

上記の3ルートのいずれかに分岐し、その過程で、あるルートでは仲間になるキャラが
別のルートでは敵または行方不明になったり、全く別の物語が展開されます。
(物語の進行ルートも当然違います。終盤は共通ルートに帰結しますが。)

ストーリー自体は、主人公を中心とした騎士団が
長年続いている民族間の紛争を、大衆の支持を得て、終結させていくという王道モノ。
キャラ設定が本当によく練られているので、ストーリーを進める上で全く飽きがきません。

またジャンルがSRPGということもあって
大半のプレイ時間はバトルに費やされることになるのですが、
仲間キャラやクラス(職業)が豊富で、成長させるのがすごく楽しく、
レベル上げもさほど苦にはなりません。
仲間キャラでは、人間だけでなく、亜人やドラゴン、タコなんかも仲間に出来ます。使うかどうかは別として。

敢えて不満点を挙げるとすればインタフェース面の不備くらい。
ショップから編成画面が開けたり、合成がもっとスムーズに出来たらなと思います。

不満点は上で挙げた2つくらいで、このゲームは本当に完成度が高いと思います。
今ではPSPでベスト版も出ており、これほどの大作が3000円で購入可能です。
正直信じられないくらいです。

RPG好きなら是非ともプレイしていただきたいと思います。
オススメですよ。いや、本当に。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。