アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神様ドォルズ #5 駄目だこいつら・・・早く何とかしないと

阿幾捕獲の目的のために村から出したと思ったら
双子と戦って案山子を壊して村に戻ってきた。

な、何を言っているのか分からないと思うが(ry

詩緒とその片割れにセキ(?)としての素養があるのは分かりましたけど
正直この二人に期待するのはやめた方がいいと思いますけどね。

あれほど言ってるのにまだ公衆の面前で戦ってますもん。

大体、村のじいさんの怒りの論点もおかしい。
問題は片割れの任務失敗じゃなくて
案山子を使って人前で戦ったこと(による村の秘密漏洩)だろうと。

テレビのニュースにまでなってるし、
アマテラスの復活とか言ってる場合じゃないと思いますけどね。

もうやだこの村。

関係ないけど、ククリの内部構造はもうちょっとどうにかならなかったのかな。
シンプルという言葉で誤魔化してましたけど、
ただのハリボテとしか思えませんでした。
スポンサーサイト

うさぎドロップ #3 われわれの世界ではご褒美です

今回はりんちゃんの養育のために、大吉が自らを犠牲にする話・・・でいいのか?

りんちゃんと一緒に過ごす時間を増やすために、
平日は仕事量を抑え、休みの日は母親探しを行う・・・。

1話を見た時は大吉は冴えない中年にしか見えなかったので、
ダメダメな中年親父がどう子供を育てていくのかが
見所のアニメなのかと思いましたが
どうやらそういうタイプのアニメではないようで。

大吉の頑張りとりんちゃんの可愛さを見て心を暖かくするアニメと言えましょう。

さて、りんちゃん視点に目を移すと、
今回もりんちゃんは相変わらず可愛かったですね。
特にツインテール姿はマジ天使。
あとはやっぱりオネショネタ、でしょうか。

オネショして恥じらう姿・・・たまらんねもう。

おそらくこれは子育ての大変さを表す描写なのでしょうが、

われわれの世界ではご褒美です。

この一言に尽きるね、うん。

アイドルマスター #2 一見さんお断り

あのさぁ・・・。
言っていい?
全然面白くないんだけど。

女キャラ同士の掛け合いだけでほとんど話が進んで、
あげく勝手に悩んで勝手に自己解決しましたって何だよそれ。

この手のアニメって普通主人公の男キャラをもっとプッシュするもんでしょ?
何あの空気みたいな立ち位置。

かといってB級感溢れるネタ性があるかと言えば、そうでもない。
作画のクオリティを見ても分かる通り、作り込みはしっかりしています。
これでは見所に欠けると言われても仕方ないでしょう。

そういうわけで、
次回からのジュピター投入を強く希望します。

今回の謎の顔見せは次回へ向けた布石と信じています。

神様ドォルズ #4 なんという急展開

まず、謝罪させてください。

今更第4話の感想ですみません。

最近は空き時間はほとんどゲームをやっていてアニメを見る時間がなくてですね。
シュタインズゲート(クリア済)を始め、信長の野望・天道、タクティクスオウガなど・・・。
ゲームの方もクリア次第レビューしたいと思いますので、
こちらのほうでもよろしくお願いします。

さて、本編の感想ですが、久しぶりの視聴で設定を忘れてることもあって
内容はよく分からなかったというのが本音です。とにかく専門用語が多いので。

でも、まあ息をもつかせぬ急展開で、すごく面白かったとは思いますね。
相変わらずツッコミ所が多かったですけど。

まず、前半のサービスシーンについて。
日々乃と詩緒の裸は、視聴者層を考えると理解できますが、阿幾の裸とか誰得だよと。
阿幾=臭いというイメージがついてしまったので、腐女子人気は望めないと思いますけどね。
スタッフには早く思い直して欲しいです。

次に、久羽子さん。
彼女、日常に退屈したとか、どこぞの某ハルヒみたいなことを言っておられますが、
阿幾を捕まえたかと思うと、縄で拘束して、改造エアガンをぶっ放し、スタンガンで気絶までさせようとするなど、
本家を超える非常に危険な行動が目につきます。もはや保護観察対象レベルです。

最後に、相変わらずククリの存在を隠そうとしない詩緒ちゃん。
行き先が分からなかったからククリで飛んできましたとか。
明らかに力の使い方を間違えている残念な子です。
新キャラのもう一人の詩緒(?)にまでたしなめられる始末です。

この作品は、詩緒がメインっぽくて、詩緒の可愛さ目当てで視聴している方も多いようですけど、
私はやっぱり日々乃さんを支持したいと思いますね。
匡平の本性を知っても、一歩引くわけではなく、その理由を知るために、むしろ匡平に一歩近づこうとする。
彼女は本当にけなげでいい娘だと思いました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。