アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #26 幸せの鐘

ひどすぎる。

最後まで低空飛行でしたね・・・。
それほど書きたい事もないですが
今回は久しぶりにあらすじ感想という形でまとめてみましょうか。

アイシアが皆が純一と音夢が恋人だということを
忘れるようにと願って桜の木を復活させてしまったことで
純一と音夢はなかなかお互いの距離を縮められずにいました。

そこで桜の木が復活してから何かがおかしいと感じていた音夢は
昔の自分に会って真実を確かめようとします。
そして、看護学校へ行っていた頃に自分が書き残していた手紙を発見。
音夢がその手紙を純一に読んでもらうと
その手紙の内容には純一に対して自分を兄弟としてではなく
恋人として見て欲しいという音夢の本心が見え隠れしていました。

おそらくこの手紙は第1話の冒頭で流れていたものでしょう。
この手紙を見て二人はようやく
お互いの距離を縮めたいと考えるようになります。

zyerita172.jpg

しかし、ここで桜の木の呪いが発動。
音夢が純一に近づいていくと、音夢に突然激痛が走ります。
二人はあくまで兄弟であってそれ以上の関係になってはいけないのです。
このままではもう二人が恋人になることは無理でしょう。

そんな二人の苦しんでいる姿をまともに見てしまったアイシアは
とうとう自分の行動が間違っていたことに気がつきます。
アイシアはさくらに助けを求めましたが
さくらではこの桜の木を枯らせることは不可能。
魔法を解除するためには
アイシアは自分の身を犠牲にしなければなりませんでした。
アイシアは自分の身を犠牲にして魔法を解除したことで
ようやく皆を幸せにするということの本当の意味
そしておばあちゃんのことが少し分かったのでした。

zyerita173.jpg

その後、純一と音夢は結婚します。
結婚式では幸せの鐘が鳴り響き、周りからは祝福の嵐に包まれます。
と、そこに何故かアイシアの姿があるではありませんか。
なんとアイシアは生きていたのでした。

zyerita174.jpg

今回の話はこんな感じです。

てか何でアイシア生きてるの?

確かに死ぬのはちょっと後味悪いですが
生き返った(実は生きてました)って方がもっと最悪だと思うんですが。
う~ん・・・理解に苦しみます。

それにそもそもアイシアの存在意義って一体何だったんでしょうね。

純一と音夢の仲を妨害したり
ぶっちゃけ周りを混乱させただけじゃないですか。
別にいらなかったような気もします。

とにかくまあこの作品、少し期待外れに終わった感は否めません。
次回作はもういいです・・・。
スポンサーサイト

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #25 ダ・カーポ

え~っと・・・前回の話でアイシアが桜の木を
復活させてしまったことが判明したんですよね?
そして、そんな中でも純一と音夢はお互いの気持ちを確かめ合ったんですよね。
なのに何でまたハーレムに戻ってるかな。
いや、まあいいんですけどね、ことりの出番も増えるわけだし。
それにしてもこんなハーレム状態のなかで
一人だけいたって普段通りの美春は笑えます。
ゲームでは普通に攻略できるキャラなのに
あまり純一に対して恋愛感情ないんですよね。

zyerita169.jpg

純一の取り合いでは
また音夢やことりや眞子が悲しい思いをすることになってるし
このあたりがダ・カーポ(最初に戻って繰り返す)何ですかねぇ。

zyerita170.jpg

次回は「幸せの鐘」
アイシアは今回の件で自分の考えが間違っていたことに
気づいたでしょうしやっぱり素直に降伏するのかな。
そして、無事に音夢END。はいはいよかったねで終了と。

zyerita171.jpg

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #24 誓い

やっぱりことり萌えですよ、うん。

今回はアイシアによって恋人同士だった記憶を消されてしまった純一と音夢が
再びお互いの気持ちを確かめ合うという話でした。

てっきりさくらが最初に異変に気づくのだろうと思っていたんですが
最初に異変に気づいたのはことりでしたか。
気づいた理由が
「音夢さんが本当にただの妹だとしたら私はもう朝倉君に告白していたはず」
なんていうあたりことりの純一への想いの強さがよく表れていますね。
そして、ことりがそのことをさくらに話したことで真相が解明すると。

zyerita167.jpg

このあたり話の流れとしては自然だったと思います。
純一と音夢の関係を忘れたことで
工藤まで純一に対してデレていたのは笑えましたね。
工藤って男のように見えて実は女ですからねぇ。

今回は挿入歌が入ったりEDが変わったりとまるで最終回のようでした。
個人的には最終回でもいいんですけど。

zyerita168.jpg

次回は「ダ・カーポ」
失踪したアイシアを皆で探しに行くという話になりそうです。
しかし何かアイシアが悪役みたいな感じになってきましたね。
所々に出てくる不敵な笑みもそれっぽかったですし。
やっぱりアイシアを見つけた後
皆でこんなのは本当の幸せじゃないと
アイシアを説得する展開になっていくのかな。

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #23 沈黙の夏

前半を見たときは何が起こったのか良く分からなくて
マジでキレる5秒前でした(そんなことでキレるなよと言われそうですが)
純一のことを諦めた(てかそこまで積極的ではない)はずのキャラたちが
純一への恋心をあからさまに表してみたり
音夢のことをまるで純一の恋人みたいだと言ってみたり・・・。
明らかに設定が破綻してるじゃないかと。
もしかしてスタッフは設定を忘れてしまったのではないか!
なんていらぬ心配までしてしまいまして(笑)

zyerita165.jpg

それで後半を見てようやく話の真相が分かったわけですが
要はアイシアが皆の幸せを願って桜の木を復活させてしまったために
皆が純一と音夢の関係を忘れてしまったというわけですか。
これが実際に皆の望んでいる世界とも思えませんが
そのことは今はおいときましょう。
雰囲気としては何か音夢が島に戻ってきてからの出来事を
皆忘れてしまっているという感じですね。
皆が純一と音夢の関係を兄弟兄弟と強調しているのは
皆自分にもチャンスの芽があると思って
音夢を蹴散らしてやろうと考えているからなのかな(笑)
ただ、当人たちも自分たちはあくまで兄弟なんだと
考える方向に向かっているようなので
話としてはこのまま丸く収まてしまうことも出来そうです。

今回はそんなこともあってことりたんの笑顔がたくさん見られましたが
素直に喜べない部分もあるんですよね。
ことりは純一のことになると必死で行動することも多いのですが
鈍感な純一はそんなことりの姿に何も感じたりしないのです。
ことりにもチャンスの芽が出たとは言え
ことりENDになる可能性は限りなく薄いですし
そもそも今さらそんなことになってもらっても個人的にはかなり微妙です。
とりあえずまたもや失恋なんてパターンにだけはしてほしくないところですが
これからどう話が展開していくのか注目です。

zyerita166.jpg

次回は「誓い」
やっぱりこの異変に気づける人物はさくらしかいないと思うので
これからはさくらが中心になって話が進んでいきそうな気がします。

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #22 みんなの時間

「みんなの時間」ということで今回は主要キャラが総出演でしたね。
個人的にはさくらのブチギレが見られなくて残念でした。

最近の作画崩壊は目に余るほどのレベルですし(今回はマシですが)
苦心のエロ攻撃も残念ながら全く萌えを感じさせてくれません。
一体何を楽しみに視聴したらいいのか分からなくなってきました。
まああと4回の辛抱ですし我慢、我慢ですね。

今回は純一と音夢が二人っきりになる時間を作ってあげようと
他のキャラたちが肝試し大会を開くという話でしたが
正直、何故わざわざそんなことをしなければならないのか
かなり理解不能です。
純一と音夢は一つ屋根の下で住んでいるわけですから
その気になれば二人っきりになる時間なんて
幾らでも作れると思うんですけどね・・・。
それにアイシアには肝試しをするとしか伝えられていなかったのなら
アイシアがこんな露骨に純一と音夢を引っつけようとする
皆の行動に納得が出来ないのも当たり前ですよ。
こればっかりは少しアイシアに同情しますね。

zyerita163.jpg

私としてももう残りの話は
アイシアとさくらを中心に進むものだと思っていたので
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
何か今回はかなり無駄な回だったように思えてなりません。

とは言え、アイシアの願いがかない桜の木が復活し始めているということ。
これはかなり次回以降の話に大きくかかわっていきそうです。
残り話数ももう少ないですがこれからどのように
話が展開していくのか楽しみな部分もないことはないです。

zyerita164.jpg

次回は「沈黙の夏」
今になって眞子が純一の彼女候補に立候補ですか?
何だか良く分からないですねぇ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。