アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いちご100% 第12話 雨の再会/本当のヒロイン

前半は真中が映像部で製作中の映画作品のヒロインを決めかねていると
偶然にもケーキ屋の前で西野と再会したという話。

題名でなんとなく想像は付きましたが
やはり来ました西野との再会シーン。
西野の登場は久しぶりなので嬉しかったですね。
ケーキ屋でのバイト姿もかわいくて良かったです。

あとは美鈴もなかなか良い感じでした。
美鈴は真中のことを良く理解しているようで
真中のどっちつかずな優柔不断ぶりを見て
「あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。
そんな監督が作った映画、誰が見たいと思う?」と真中を強く非難します。
まるで視聴者の気持ちを代弁してくれているかのようでしたね。

後半は東城が意味無くパンツを見せる話
ではなくて映像部の皆で映画作品のヒロインに相応しい人物を捜しに出かける話。

美鈴がヒロインに相応しいと思った人物、それは西野でした。
真中もヒロインには西野が相応しいとまでは思っていなかったものの
ヒロインには「明るくて、でも少し謎めいてて、華奢で。」という
西野にぴったりなイメージを思い浮かべていました。
そして、美鈴に言われ西野のもとに出向いた時
真中ははっきりとヒロイン役には西野しかいないと感じます。
そして、真中は西野に自分の映画にヒロインとして出演してほしいと頼み込みます。
西野も真中や部員たちの真剣な表情を見て、喜んでそれを承諾します。
めでたしめでたし。

zyerita035.jpg

今回は前半と後半の話が連動していて
なおかつオチも分かりやすく王道の展開という感じでした。
上手く誰ENDと決まることもなく終わらせていましたし本当に良かったと思います。
久しぶりにいちご100%を見て素直に面白いなぁと感じました。

全体的な感想としては内容は所々で素晴らしい部分もありましたが
恋愛モノとしては余りに作画が酷かったと思います。
あと、無意味なパンチラの演出過多も気になりました。
題名的にも仕方のない部分があるのでしょうが
あまりやられるとやっぱりうんざりしてしまいます。
そのあたりが人を選ぶアニメにしてしまったのかもしれませんね。
スポンサーサイト

いちご100% 第11話 アブナイ新入部員/決断! バースデイ

前半は映像部に新入部員が入ってきたという話。

4月になったので新1年生が映像部の見学に来たわけですが
その新1年生はなんと外村の妹の外村美鈴でした。
そう、前回映画館で出会ったあの女の子です。

美鈴は今のところ真中に対してあまり良い印象を持っていないようです。
その印象がこれからどう変化してくるのか、それともこのまま変化しないのか。
このあたりは結構楽しみなところです。

zyerita033.jpg

後半はネタとしか思えないような展開で笑ってしまいました。

真中への誕生日プレゼントが焦点となった話でしたが
真中がさつきのプレゼントを断った時
真中はてっきり東城に心を決めたのかと思っていました。
しかし、その後は東城のプレゼントも断る始末。
どうやら真中はまだ誰のことが好きなのかすら分からない自分に
プレゼントをもらう資格なんて無いと考えたようですが
こういった行動は変な誤解を招く可能性があるので慎んだ方がいいですよね。

zyerita034.jpg

しかし、最終的には真中は自分の行動が間違いだったことに気づき
2人のプレゼントのどちらも頂くことにしました。
問題は先送りになったというわけですね。
次回でいよいよ最終回ですがまあ穏便にまとめてくれればそれでいいかなと思います。

いちご100% 第10話 レベルアップのお礼/ドキドキ・初デート!?

前半はホワイトデーの話。

大まかな内容としては
真中が唯のお陰でさつきのチョコレートだと思っていたものが
実は西野のチョコレートだったということを知った
というものでした。

チョコレートの件については
真中が勘違いしたまま終わるのもどうかと思っていたので
この展開自体は良かったと思います。

しかし、結果としては真中はさつきには本当のこと
(さつきのチョコレートは食べていないということ)が言えず
西野にも今の自分の気持ち(再び好きになりかけているということ)が伝えられず・・・。
それに、口に残っているのは西野のチョコの味だけって
東城のことはどうなったんですか。

無茶苦茶だなこのアニメ(笑)

zyerita031.jpg

後半は真中が東城とデートする話。
デート先は映画館。
あまりにも普通の展開だったんで驚いていたんですが
最後にやってくれました。
もはやお約束となった無意味なサービスシーンの炸裂です。

zyerita032.jpg

あとは、新キャラでツンデレっぽい女の子が登場。
当然、真中に興味を持っています。
どうやら外村の妹みたいですね。
これからまた出てくるんでしょうか。

いちご100% 第9話 すれ違いのバレンタイン/甘くて苦いチョコレート

完全にギャグアニメと化した本作品。
今回もかなり笑えます。

前半はバレンタインの話。
今までずっと自分の気持ちを抑えてきたさつきですが
今回とうとう抑えきれなくなり真中に積極的にアタックしていきます。
しかし、真中は東城のことが気になっていました。
そして、真中はここでさつきのことを受け入れてしまうと
逆にさつきのことを傷つけてしまうことになると考え
さつきの気持ちを受け入れませんでした。

実質フラれた形となったさつきは怒ってしまい真中を無視し始めます。
しかし本当は、さつきは真中に怒っていたわけではなくて
真中ともっと話がしたいと思っていました。
さつきには元々少し素直になれない部分があって
それが災いしたという感じでしょうか。

ですが、こういうところってなかなか女の子ぽくて良いですよね。
個人的にはさつきの好感度がアップしましたよー。

バレンタインでは西野と東城が真中にチョコを贈りました。
さつきは真中に対して素直になれなかったため
結局、チョコを贈ることが出来ませんでした。
正確に言うとチョコ自体は作っていたんですが
最後になってゴミ箱に捨ててしまったのです。

チョコレートの渡し方は
東城は真中に手渡し、西野はこっそりと真中の家に置いていくという形でした。
西野は少し前に真中と別れたわけですがチョコを贈るところを見ると
西野がまだ真中のことを想っているということが分かります。

zyerita029.jpg

後半はバレンタイン直後の話。
西野のチョコレートをさつきのチョコレートと勘違いした真中は
次の日、勇気を出してさつきに話しかけます。
このことから真中とさつきの話は弾み
二人は無事に仲直りすることに成功します。

そして、恒例の真中と東城の小説イベント。
小説ネタになると真中と東城は話が弾みますね。
真中の本命はやはり東城のようです。

zyerita030.jpg

今回の話はこんな感じです。
このまま行けば東城エンドが自然だと思うんですがどうなるんでしょうね?
このあたりは結構楽しみです。
でも最終回までに誰エンドって決まらない可能性が一番高いかな。

いちご100% 第8話 夢の続きをもう一度/雪の中で抱きしめて!

今回も感想に重点をおいてまとめていきます。

前半は正月に唯の受験の手伝いをするため
家庭教師として真中の家に東城がやってくるという話。
唯は受験を桜海学園一本に絞っていましたが
桜海学園のレベルは高いので、唯には少し不安な気持ちもありました。
そこで真中から東城の話を聞いた唯は
東城に自分の家庭教師をしてくれないかと頼み込みます。
東城は冬休みは取り立てて予定もなかったということと
唯が勉強するのは真中の家ということから
真中に会えるかもと考え、唯の頼みを承諾します。
そして、唯と東城の二人による勉強会。
この勉強会では唯から真中と西野が別れたことを聞いて動揺する東城が笑えます。
ドジっ子にもほどがあるだろと。
計算でやっているのなら凄いけど(笑)

zyerita027.jpg

後半は唯が映像部の皆とお別れするという話。
冬休みも終了し、唯も自分の家へ帰らなければならなくなりました。
唯は東城との最後の勉強会を終えた後
映像部の皆とかくれんぼをして楽しみ
皆にしばしの間の別れを告げるのでした。
これにて唯はお役御免。
受験までは登場しそうにないっぽいです。

zyerita028.jpg

今回の話はこんな感じです。
今回は唯の真中に対する感情がよく示された回でしたね。
唯は真中の幼なじみということでしたが
OPを見る限り、唯は真中を取り合う女キャラの一角に
入ってくるのだろうと思っていました。
しかし、今回唯は完全に真中の妹分的な位置に立って
真中と東城の恋を成就させようと行動していました。
しかし、肝心なところではこっそり真中と東城の場面を覗いていたり
真中にだけ時折見せる普段と違う顔など
唯の行動を見ると唯はやはり真中のことが好きという感じですね。
真中が自分のことを妹のようにしか見てくれていないということを分かっているから
まだ一歩引いて後ろから眺めているという感じです。
唯はそのうち真中に告白するんでしょうね多分。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。