アニメ、ゲーム、将棋、野球、競馬と手広く最新の流行情報を提供する大型総合情報ブログ(大ウソ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シュタインズ・ゲート劇場版を観に行った結果・・・

先日、シュタインズ・ゲート劇場版 負荷領域のデジャヴを観に行ってきました。

今更説明は不要と思いますが、シュタインズ・ゲートというのは
科学ADVシリーズの第2弾として発売されたSFモノのノベルゲームです。
2011年春から2クールに渡ってアニメも放送されまして、
先の読めないハラハラドキドキするシナリオと、
岡部役の宮野さんを初めとした声優陣の熱演ぶりも印象深く、
今では声優ファンまでも取り込み、男女広い範囲で支持される作品に進化を遂げています。

私自身、元々アニメにハマって原作をプレイしたアニメ組ということもあり、
完全新作(アフターストーリー)と銘打たれた今回の劇場版は非常に楽しみにしておりまして
実際、事前情報を全て封印して万全の状態で視聴に臨んだのですが
期待を裏切る凡庸な出来に、激おこぷんぷん丸といったところです。

嫌な事件だったね・・・

公開初日からはだいぶ時間が経過していますので、
これから見に行こうと思ってる方もそれほど多くはないと思いますが、
これ以上犠牲者を出さないためにも、ここで簡単にレビューしておきたいと思います。
すでに世間の評価もイマイチで固まりつつありますが、
それでもまだまだ評価が甘いとすら感じる出来ですので。

まず印象が悪いのが上映時間の短さ。
1800円という料金を取っておきながら、さすがに80分強というのはいかがなものか。
自分が今まで見た映画の中でも一番短かったです。
なのはMOVIE(120分)の4分の3以下ですよ。本当に酷い。

次にストーリーですが、80分という時間で大それた話を作れるわけもなく、
原作の設定を流用したみみっちい話に終始。
具体的にストーリーを述べますと、舞台は本編の1年後、2011年の夏。
岡部は過去改変を駆使して、まゆりも紅莉栖も死なない世界線に辿り着いたはずだったが、
リーディングシュタイナーの能力の弊害(別の世界線の記憶がフラッシュバックする)によって、
今いる世界線が一体どこなのか認識できなくなってします。
岡部は、それが原因で自己の存在が不安定になり、ある時今いる世界線から姿を消してしまう。
ラボメンも皆、岡部の存在を最初から無かったものと認識し(ラボのリーダはダル)、
岡部は皆の記憶から忘れ去られるが、未来からやってきた鈴羽に諭された紅莉栖は、
電話レンジによる過去改変で岡部を今の世界線に呼び戻すことを画策する。
紅莉栖は岡部に今の世界線を認識させるためには、
過去に強いインパクトを与える出 来事を起こし、
この世界線の存在を岡部に認識させることが最善策と考え、
タイムマシンを使って6年前の2005年にタイムスリップし、
幼少時代の傷心の岡部に慰めのキスをするという暴挙に出る。
それによってこの世界線の存在を強く認識した岡部は、
無事今いる世界線に戻ることが出来たのでした。めでたしめでたし。

大体こんな感じです。
さすがにどうよこれは。薄っぺらいと思いません?
本編を適当に流用して、新作といっておきながらFDのようなノリですよね。
Selnとか単語だけ出てきただけで一切絡んでこないし。
本編のような緊迫感は皆無。最後は、えっ?もう終わりという感じでしばし呆然。
なんかキャラの掛け合いだけ気合いを入れていたのか、
隙あらば笑わせにくるという感じなんですけど、
肝心のストーリーがダメダメでは、それもお寒い限り。
シュタインズ・ゲートってストーリーがウリの作品でしょうに。
この劇場版はキャラ人気に頼った完全な駄作です。
本当にシュタインズ・ゲートにとって黒歴史でしかない駄作で、
この映画を大ヒットだとか猛プッシュしているようでは、
シュタインズ・ゲートももうオワコンなのかなと感じてしまいます。

とにかく、一ファンとして唯唯残念な内容でした。
スポンサーサイト
[ 2013/05/25 15:14 ] [その他]日常 | TB(0) | CM(0)

沖縄をオタク視点から語る

昨日、沖縄の記事を書かせていただきましたが、
もうちょっとだけ続くんじゃよということで今回も沖縄の話をしたいと思います。

今回はオタク視点から語る沖縄ということで
沖縄で見つけたオタク関係の品々をご紹介。

まず、沖縄那覇市のメインストリートともいえる国際通りで見つけた
沖縄ならではの土産物がこちら。

DSC_0018.jpg

左のもえちんは、その名の通り、萌えとちんすこうのコラボレーション。
右のオレンジジュースは、可愛いキャラクターがプリントされていますが、
このキャラクターは、はいたい七葉(はいたいななふぁ)という沖縄ローカルアニメが
元ネタでして、両方ともまさに沖縄限定という感じがして良いですよね。

続いて、沖縄県立博物館で現在期間限定(2/22~5/6)で催されている
スタジオジブリ・レイアウト展にも行ってきましたので、こちらも簡単にご紹介。

DSC_0013.jpg

詳細はホームページ等で見ていただいた方が良いと思いますが
スタジオジブリが手掛けた作品の1200点を超えるレイアウト(下書きのセル)を
期間限定で展示しているという内容で、雰囲気としては美術館の展示を見るようなイメージです。
ただし、人が多いだけに自由に見ていけるというわけではなく、
基本的には列に並んで順番に一つづつ見ていくという流れ。(列を外れることも可能ではありますが)
展示数が多いだけに全部見るだけで2時間ほどかかりますが、
レイアウトを見て、映画のワンシーンを思い出したり、
スタジオジブリの歴史といいますか、そういったものも感じ取りながら
情緒溢れる時間を過ごさせていただきました。
勿論、ジブリファン向けのイベントではありますが、
レイアウトには実際の絵以外にも背景指定とか、動画に起こす際の動かし方のイメージなども
事細かに書かれていて、こういうものを生で見れるのは貴重な機会と思いますので、
アニメーターを目指す方だったり、アニメの作成工程とかそういった内容に興味のある方にも
あすすめできるイベントです。このイベントは5/6で終了ですので、興味のある方はお早目にどうぞ。

DSC_0019.jpg
[ 2013/04/29 23:25 ] [その他]日常 | TB(0) | CM(0)

沖縄を一般視点から語る

今回は久しぶりの日常記事。

先日、出張で沖縄に行ってきましたので、
プライベートで取ってきた写真を交えながら、
沖縄で見た、感じた出来事を一般視点から語りたいと思います。

まず沖縄で面白かったのが、沖縄では二千円札が未だに結構流通しているということ。
二千円札とか久しぶりに見たので驚きました。製造停止になってだいぶ経ちますからね。
調べてみるとお札に守礼門が描かれているということもあってか、
県内でも二千円札の利用が推奨されているようでして、
沖縄独自の文化でしょうが、面白いですね。

DSC_0014.jpg

ATMで引き出したら二千円札が紛れていたので、記念に確保しておきました。

続いて食文化に関してですが、タコライス、海ぶどう、チャンプルー、沖縄そばなど
沖縄には独自の食べ物が多くて、なかなか新鮮な感じがしました。
どれも味は素晴らしいですし、都内と比べると料金も割安でボリュームがあって、
食が本当に進むので、食べ過ぎには注意しないといけないですね。

DSC_0008.jpg

沖縄の吉野家には普通にタコライスが売っていました。

そして沖縄では外せないのがBLUESEALですね。
渋谷にもありますけど、本店は沖縄にありまして、
有名なアイスクリーム店なので沖縄で本場の味を味わいたいと思っていました。
こちらで注文したのはリトルマウンテン。
20種類の味を一度に味わえるという贅沢な一品で、皆さんも是非一度ご賞味下さい。

DSC_0011.jpg

そしてちょっぴり出張の合間に首里城を観光してきましたので、その写真を。

DSCF0253.jpg
DSCF0257.jpg
DSCF0258.jpg
DSCF0259.jpg
DSCF0262.jpg
DSCF0263.jpg
DSCF0264.jpg

首里城の印象としましては、琉球王国時代に貿易で栄えていたためか
他の一般的なお城と比べると非常に煌びやかな感じを受けました。
入場門がやたらと多く、外観は真っ赤で非常に派手。城内には黄金の玉座などもそびえています。
森首相時代には沖縄サミットの晩餐会の会場として利用されたりもしていますし、
沖縄の歴史を語る上で外すことの出来ない場所なのでしょう。

今後また沖縄に行くことがあれば、美ら海水族館や離島に行ってみたいですね。
美ら海水族館はジンベエザメで有名ですが、
渋谷の女子高生の行ってみたい水族館No.1でもあります。(ランク王国調べ)
離島に関しては、石垣島や宮古島も良いですが、個人的に狙ってみたいのが与那国島です。
日本の最西端という立地にロマンを感じますし、何より夏空カナタの聖地でもありますので。

今回はこんな所で沖縄レポートを終わりたいと思います。
[ 2013/04/28 13:42 ] [その他]日常 | TB(0) | CM(0)

遅ればせながら冬アニメの感想など

お久しぶりです。
相変わらず更新が滞り気味で申し訳ありません。

冬アニメの感想をやろうやろうと思っているうちに冬アニメが終わっていた。
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが(ry

サムゲ荘に文句を言ってたのがもう5ヵ月も前の話なんですもんね。
本当に月日が経つのが早いなぁと感じます。

本題に戻って、今期の冬アニメについて。
巷では今期の冬アニメは不作だったと言われているようですが
個人的には十分楽しませてもらいまして、特に不作という印象も無かったです。

私自身は以下の4本を視聴しましたので、簡単に感想などを述べたいと思います。

・ラブライブ!
まず、スクールアイドルという題材が素晴らしいですよね。
学園+アイドルですよ。まさに萌えの王道でしょう。
展開も非常に王道といいますか、学園の廃校を阻止するために
主人公とその友達でアイドル研究部を立ち上げて、
地道な練習やライブ活動を繰り返して、学園内外から人気を獲得する。
当初目的としていたスクールアイドルのコンテスト「ラブライブ」の出場こそ逃すものの、
これまでの努力が実って入学志望者も集まり、廃校の阻止に成功するというか、そんな感じで。
グループ名「μ's(ミューズ)」の命名、合宿の枕投げ、名前で呼び合う取り決めといった
印象に残るシーンも多くて、全編通して非常に高クオリティだったと思います。
ただ、最終回前(12話)のシリアス展開は正直要らなかったですね。
ことりちゃんを結局留学させないんだったら留学で離れ離れに・・・なんて
シリアスな話にする必要は無かったと思うんですよね。
留学しようがしまいが、どちらにしてもしっくりこないわけで、そこだけが残念だったです。

・閃乱カグラ
冬アニメのダークホース。前半は本当にただの量産型萌えアニメでしか無かったのが後半に大化け。
蛇女子学園の悪人との対決はただの戦いではなくて、
双方の少女たちの境遇というか、そういう部分がしっかり描写されているので、
自然に思い入れもできて見入ってしまいます。悪人の5人の少女は根っからの悪ではないですからね。
肩入れが難しいなと思っているところで黒幕が登場して、最後は善人と悪人の彼女達が共闘して
黒幕をやっつける。最後は教官が美味しい所を持っていきますが、素晴らしいアニメだったと思います。

・僕は友達が少ないNEXT
僕は友達が少ない(2011年秋アニメ)の2期ということで期待が高かったですが、
期待を上回る面白さを見せてくれて、非常に良かったと思います。
ただし、方向性は当初思っていたものとはかなり違いましたね~。
はがないと言えば、小鷹・夜空・星奈の三角関係、ラブコメといったイメージが強かったですが、
2期はそこに理科、幸村、マリアetc・・・が加わってもうぐちゃぐちゃに。
途中からは小鷹が迫り来るヒロインの波状攻撃を、「えっ?何だって?」で
ひたすらかわす展開になって、見ていてもやもやするものもありましたね。
あと2期は、1期のような夜空が星奈をいじめて、星奈が涙目で去っていくっていう展開が少なくて
星奈がバカ夜空~って言いながら涙目で去っていくシーンが好きだったので、
その点は少々寂しいものがありました。

・みなみけ ただいま
ご存じ日常系ほのぼのアニメの人気作、みなみけの4期ですね。
4期はみなみけの世界観がしっかりと守られていて、毎回安心して視聴することができました。
ただし、安心して見れる反面、悪く言えば、代わり映えが無いというかそんな感じも強かったです。
夏のプール・花火、冬のゴロ寝・初詣。何度同じようなシーンを見たことでしょう。
新キャラ投入といったスパイスもありましたが、登場したのは最初だけで、
既存のキャラの強さにはやっぱり敵わないという感じ。
全体的には悪くないんですけど、続編はもういいのかなと、そういう印象も抱いてしまいました。
[ 2013/04/15 01:52 ] [その他]日常 | TB(0) | CM(0)

2012年秋アニメについて

2012年秋の新作アニメが10月からいよいよ放送開始しましたね。
皆さんそれぞれ楽しみにしていらっしゃるアニメはあると思いますが
今回私は以下の4本を視聴しようと思っています。
どれを見ようかなと考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

リトルバスターズ!
http://www.litbus-anime.com/

美少女ゲーム原作のアニメというのは、特に珍しいものでもないですが、
(前期の恋と選挙とチョコレートもそうですね)
なかでもこのゲームは、非常に評価が高く、ファンも多い作品で、
今回満を持してのアニメ化ということで、私自身非常に楽しみにしています。
この作品は最後まで(具体的に言えばリフレインまで)放送しないと
作品の伝えたいメッセージというものが伝わりませんので、
限られた話数の中で、j.c.staff さんがそのあたりを
どのようにまとめてくれるのか、非常に楽しみにしています。

中二病でも恋がしたい!
http://www.anime-chu-2.com/

原作はライトノベルらしいです。
正直よく知りませんし、雰囲気もちょっと好きなタイプのアニメではないのですが、
まあ京アニだし・・・ということで視聴予定。
京アニというだけで氷菓のような掘り出し物が見つかることがありますからね。
ぶっちゃけ京アニ信者です、ハイ。

ROBOTICS;NOTES
http://roboticsnotes.tv/

これは、字面からでも分かると思いますが、
原作は「CHAOS;HEAD」「STEINS;GATE」に続く科学アドベンチャーシリーズの第3弾で、
今年の6月に発売されたばかりのADVゲームです。
発売して間もないので、おそらくアニメ化まで既定路線だったのでしょう。
原作そのものの評判はそれほど高くないようですが、
STEINS;GATEとの比較論でハードルが上がっている感があるので、
前作と比較するのではなく、あくまで1つの作品として楽しみたいと思います。
面白ければゲーム購入まで検討したい作品ですね。

さくら荘のペットな彼女
http://sakurasou.tv/

これもまた原作ライトノベルなのですが、キャラデザが好みなので、
視聴したいと思っている作品です。作品から漂うほのぼのとした雰囲気もよいですね。

以上4本となりますが、ほっちゃん分も「リトルバスターズ!」「さくら荘のペットな彼女」で補給し、
我ながら隙の無い万全のチョイスと思っています。
j.c.staff率が2/4と高いのが気になりますが、
j.c.staffと言えば、かの名作「とらドラ!」の製作会社でもありますから、多分大丈夫ですよね、うん。
オオカミさん?あ、あれは最後まで見ればそんなに悪くなかったから。(震え声)
[ 2012/10/07 21:00 ] [その他]日常 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。